名言コツコツ

◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

あなたの夢を叶える「100年日記」

「さすがに無理」と思った瞬間 ─ それが、あなたの潜在意識につくられている、「常識の枠」を垣間見た瞬間です。

2016年06月24日(金曜日)

「さすがに無理」と思った瞬間 ─ それが、あなたの潜在意識につくられている、「常識の枠」を垣間見た瞬間です。

ビジネスNo.1理論
(西田 一見 著/現代書林) より

ビジネスNo.1理論 (「勝ちグセ脳」をつくる3つの力)本書で簡単なテストのようなものが紹介されています。

仮に、あなたが営業成績が100人中ちょうど真ん中の50位の営業マンだったとします。あなたはどの質問で「さすがにそれは無理」と思いますか?

1.今月は、先月の売上げをほんの少しでもいいから上回ってくれますか?
2.今月は、先月の売上げの3倍を達成してくれますか?
3.この会社で常に売上げNo.1を誇る営業マンになってくれますか?
4.この業界で売上げNo.1を誇る営業マンになってくれますか?
5.売上げアップのノウハウを世界の一流企業に講演する存在になってくれませんか?
6.スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグのような経営者となって、何兆円もの企業価値のある会社にしてくれませんか?

最初の質問にはほとんどの人が「それぐらい大丈夫」と答えるでしょう。ほんの少し上回ればいいだけですから。

さぁ、二番目以降の質問はいかがでしたか?
どこがあなたの限界だったでしょう?

実際の能力がどの程度かよりも、「常識の枠」による限界のほうが影響が大きいのです。だって、「さすがにそれは無理」と思うことに挑戦しようとは思わないでしょう。

挑戦する前から諦めてしまえば、それは本当に無理。

でも大丈夫。「常識の枠」を壊して可能性を高めていく方法が本書で紹介されています。

私も「さすがに無理」のレベルを上げていきたいと思います!

*関連するページ:
壁にぶつかるということは、1ランク上のレベルに向上するための出発点に到達したということ
もうダメと思ったら、あと「1秒」ガマンしてみよう。自分はこんなつらいことに耐えられた、という自信がつく。
「嫌だな」と思うことを避けていると世界が狭くなる。一歩外に踏み出せないから、やりたいことが見つからない

[名言コツコツ]は一口サイズの自分磨きヒントを毎日更新しています


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート