名言コツコツ

直面するピンチは映画の一番おいしいところ。そこで主人公たちが悲愴な顔をして愚痴ばかり言っていたら映画は面白くも何ともない

2019年12月07日(土曜日)

私が経営でピンチに陥った時
もし映画だったらどうだろうと考えたことがあるんです。

直面するピンチは言ってみたら映画の一番おいしいところです。

そこで主人公たちが悲愴な顔をして愚痴ばかり言っていたら映画は面白くも何ともない。逆に能力のあるなしに関わらず皆が一生懸命にやっているドラマは面白い。
大変な状況に直面したとしても「自分たちは人生の中で一番面白い局面にいるんや」と考えを切り替える事が大事。

中井 政嗣 (実業家)

昨日から愚痴を言い続けていたので、ハッとしました。
(つい今しがたもFacebookで愚痴ってしまった)

些細なこと、自分ではコントロールできないことにイラついても仕方がないのに、感情に流されていました。

もし[名言コツコツ]を更新する習慣がなかったら、こうやって視点を切り替えることも出来なかったでしょう。

「書く」ことで自分を客観視することができ、冷静になれます。

もし自分の人生を映画のシナリオや小説として「書く」としたら、どうでしょう?
途中にはハラハラ・ドキドキするエピソードがいくつもあるほうが面白いでしょうし、結末はハッピーエンドが良いなぁー。
そう考えると楽しくなってきました!

*関連するページ:
ピンチに強くなる口ぐせ 「そう来たか」
Keep Calm and Carry On 「冷静に、今起きていることに対処しよう」
死ぬ間際に「○○しておけばよかった」と後悔しそうなことは、とりあえずやってみよう。たとえうまくいかなくても、やらないよりマシ。

[名言コツコツ]は一口サイズの自分磨きヒントを毎日更新しています


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート