名言コツコツ

目指す港がないような航海をしていたら、どんな風が吹いても助けにならない

2019年06月26日(水曜日)

目指す港がないような航海をしていたら、
どんな風が吹いても助けにならない。

モンテーニュ

若いうちに成功した人って、子供の頃に「こうなりたい」を見つけています。目指すところがハッキリしているから努力する方向も明確。他の子達が遊んでいる時も夢に向かって進んでいました。

私は大人になっても目指すことなんて無く、ただ目の前のことをこなすだけ。自分なりに頑張っていたつもりでしたが、努力は空回りするだけでした。ずいぶん命を無駄使いしてきたようです。

今振り返って言えることは、どこを目指せばいいかよりも、目指すことを持っているかどうかが大事だということ。
もしデザイナーを目指していたら、今はデザイナーとして働いていたでしょう。もし最初から起業することを目指していたら大学も学部も違う選択をしたはずだし、もしかしたら学生の時に起業していたかも。

今、私がこの仕事をしているのは10年前にこの道を選んだ結果です。たぶん10年後も同じように、10年前(つまり今)の選択の結果だと言っているはず。

全てが思い通りににはならないでしょうが、漂流するような生き方よりも満足できる生き方になります。

*関連するページ:
あなたは未来の自分を設計することができます。日々考える理想の自己像が、未来の設計図なのです。
本当に何が好きなのかを考えてみる。誰かの意見に流されたり、お金に縛られて判断が間違っていないか自問自答してみる。そうやって、自分の幸せをしっかり定義する。
探検家は到達すべき場所はわかっているが、そこに至る道はわからない。彼らは道がわからないという事実そのものに胸を躍らせる。

[名言コツコツ]は一口サイズの自分磨きヒントを毎日更新しています


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート