◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[漫筆] 早起きの3パターン

2009年03月26日(木曜日)

どんな時に早起きしてしまうのか、ちょっと気になったので、早起きパターンをまとめてみたいと思います。

ここ数年は目覚ましを使っていないので、自然に目が覚めるのが普通です。
(たまに寝坊した時は、お腹をすかせたペットに叩き起こされますが......)
基本的には日の出とともに起きよう、と心がけています。

ところが、時々、やたら早い時間に目が覚めてしまうことがあります。

<私の早起き3パターン>

 (1)ものすごいアイデアをひらめいたとき
 (2)お腹がすいたとき
 (3)本を読みたいとき

まず「ものすごいアイデアをひらめいたとき」ですが、これはほぼ時間が決まっていて、朝4時です。
今朝もそうだったのですが、「これはメモしておかなきゃ、絶対に後悔する!」というアイデアがひらめき、まだ眠いのを無理して灯りをつけ、すぐに手帳にアイデアを書き込みます。そして時計に目をやると4時だった、というパターンです。
たまに5時ぐらいのこともあります(昨日はそうでした)が、4時というのが定番です。なぜだか不思議です。

早朝にひらめいたアイデア(夢の続きというべきか?)は、前々から考えていたことの答えや解決方法だったり、新しい企画だったりします。
「まだ眠い......」と二度寝してしまうと、ほぼ間違いなく忘れ去ってしまいます。それがわかっているので、眠くても「逃してなるものか!」という気持ちで手帳に手をのばします。

次は「お腹がすいたとき」。
夕食を早めに食べたり、軽く食べた翌朝は、「うー、お腹すいた~」という感じで目が覚めます。眠気よりも食欲が勝つパターンです。
朝食を早く食べることになるため、「昼食も早め → 夕食も早め → 翌朝早起きする」という良循環になります。

早起きを習慣にしたいと思っている方にはこのパターンがお薦めです。
つまり、早めに夕食を食べる。あるいは、夕食を少なめにするのです。
朝食が楽しみになるように、朝食用に好物を用意しておけば、ほぼ完璧!

私も数年前にこの方法を使って早起きを習慣にできました。
早朝のすがすがしい空気の中、おいしい朝食をいただくことを想像するだけで、早起きの意欲がわいてきませんか?

最後は「本を読みたいとき」。
ワクワクするおもしろい本は、朝用にとっておきます。
夜は眠くなるような本(教科書っぽいものとか)を読むようにしています。
読み始めた本がおもしろかった場合、そのまま読み続けると夜更かししてしまうので、スッパリあきらめて寝てしまいます。
そうすると、続きが早く読みたくて、意識しなくても朝早く目が覚めるというのがこのパターンです。この場合は、なぜか朝3時というのが私の定番です。

・    ・    ・    ・    ・

これが私の早起きパターンです。
「自分の早起きパターン」をみつけて、その条件が整うようにしてみませんか?

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 雑記:漫筆(まんぴつ)
★ タグ: 早起き
★ アーカイブ: 2009年03月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート