◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

人間万事塞翁が馬

2009年07月03日(金曜日)
人間万事塞翁が馬  (にんげんばんじさいおうがうま)

[意味]
人生、思いがけないことが幸福を招いたり、不幸につながったりして、予測しがたいこと。
だからやたらに喜んだり悲しんだりしてもはじまらないということ。

『淮南子(えなんじ)』

「塞翁(さいおう)」は昔中国で北方の国境近くに住んでいた老人。
あるときその老人の馬が逃げてしまったが、まもなくその馬が優れた一頭の馬を連れて戻ってきたので人々が祝福した。ところが老人の子がその馬に乗って落ち、ケガをしてしまった。だが、ケガをしたおかげで兵役をまぬがれて戦死せずにすんだという説話から、上記のような意味で使われるそうです。

どの雲にも銀の裏地がついている」や「うれしくなるゲーム」は、おもに辛い状況に陥ったときに明るい面を探そう、そしてその苦境を脱しようという意味合いですね。
一方、「人間万事塞翁が馬」のほうは、災難と思えることがじつは幸運につながることもあれば、その逆もある。だからジタバタするな、という感じでしょうか。
うれしくて舞い上がったり、悲しくて落ち込んだり。そんな感情のアップダウンに振り回されちゃいけないよ、というアドバイスのようにも思います。

なにかうまくいかない時、「塞翁が馬だ」と平静を保とうとするか、あるいは「銀の裏地」や「うれしくなること」を探して幸せな気分になるか、みなさんはどちらがお好みでしょう?

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: うまくいかない時には
★ タグ:
★ アーカイブ: 2009年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート