◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

雨晴れて笠(かさ)を忘れる

2009年07月09日(木曜日)
雨晴れて笠(かさ)を忘れる

[意味]
雨が止んで晴れてしまうと、かぶっていた笠のありがたみを忘れがちであることから、苦しいことや災難が過ぎると、そのときに助けてくれた人のありがたみをつい忘れてしまうということ。

日本のことわざ

この諺は、「雨があがって傘を電車の中などに置き忘れる」なんていう意味ではありませんよ。

もちろん傘の忘れ物にも注意が必要ですが、苦しい時に受けた恩を忘れないようにという戒めです。

「喉元すぎれば熱さを忘れる」とも言います。どんなに苦しいことでもそれが過ぎると、何事もなかったかのように忘れてしまうことのたとえです。

苦しいことを忘れるのは、精神的な防衛反応のようにも思えます。
いつまでも辛いことや悲しいこと、苦しいことを覚えていたら、とてもじゃありませんが、精神的にダメになってしまいますよね。

だから、苦しかったこと自体は忘れてしまってもいいと思います。
でも、その時に学んだ教訓や恩などは忘れず、しっかり覚えておかなくちゃいけませんね。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: うまくいかない時には
★ タグ:
★ アーカイブ: 2009年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート