◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

「省略の美」こそ最高の美

2009年12月10日(木曜日)
「省略の美」こそ最高の美

すぐれた浮世絵師は「一色抜く」ことをしたそう。この色を最後に加えれば作品が完璧になるというときに、あえてその一色を加えない。すると、作品がかえって引き立つ。
間や空間、静けさや淡いものに美しさや洗練を感じる日本人の美意識のなせる業で、私たちはもともと押すよりも引く、加えるよりも抜くことを美しいと感じる美学をもっている。

「抜く」技術』 (上原晴男 著/サンマーク出版) より

「抜く」技術って何?と興味をひかれて読んでみた本です。
著者の上原さんはNPO法人OPOTEC(海洋温度差発電推進機構)の理事長。「力を抜く」仕組みがないものはもろい。本当に強いものは柔軟で余裕(あそび)があるのだそうです。

さて、仕事(仕事だけではないかもしれませんが)で、ついつい手を加えすぎてしまうということは無いでしょうか?
特にデザインでは手を加えすぎると「ダサい」ものになってしまいます。
もちろんただの「手抜き」はダメですけど、手を加えすぎるというのもよくありませんね。

「やりすぎ」ていないかどうか、力みを捨てる必要がないかどうか、少し冷静に考える余裕を持ちたいと思います。

*関連するページ : ディック・ブルーナさんの哲学(12月1日)

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2009年12月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート