◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

ネタの宝庫(自分の脳)からテーマを引っ張り出す "釣り針"

2010年01月16日(土曜日)

昨日の「頭脳の活性化には、まず「五感」の感度を上げる」に続いて、今日も「脳」の話題です。

「書くことがない」と言っている人は、本当に書くべき内容がないのではなくて、ネタの宝庫である自分の脳から、最初のワンテーマを引っ張り出してくるよい "釣り針" が与えられていないだけ。

文章は写経のように書くのがいい』 (香山 リカ 著/ミシマ社) より

私たちは毎日いろんなことを体験し、感じ、考えています。
どんな仕事をしているかとか、ライフスタイルがどうかとか関係なく、誰でもなにかしら考えているんですよね。

だから私たちの脳は、【ネタの宝庫】

でも、いざブログや日記を書こうと思っても、「何を書けばいいんだ?」となっていませんか?

せっかく脳の中にはネタがたくさん詰まっているのに、それを引っ張りだす "釣り針" がないだけ。つまり、キッカケ= "釣り針" さえうまく見つけられればいいってことです。

ではどうやって "釣り針" を見つけるか? 『文章は写経のように書くのがいい』で紹介されていた方法を2つご紹介しますね。


"釣り針"の見つけ方<その1>  自由連想方式:
発端となる単語をなにかひとつ選び、それについて頭の中に思い浮かぶ次の単語やフレーズを書く(これを何回か繰り返す)。もっと長く書きたいという衝動にかられるフレーズがでてきたら文章を書いていく。

"釣り針"の見つけ方<その2>  100の質問方式:
「100の質問」とネット検索すると質問リストがたくさんみつかる。これを利用し、回答しながら文章を書いていく。


こうやって文章を書いていくと、自分がどんなことに興味・関心を持っているか、鏡に映し出すように眺めることができます。

他人に読んでもらうための文章を書くというのではなく、自分のことをもっと知る方法として試してみては?
意外と自分のことってわかっていないものですよね。

ものを考えたり感じたりしたとき、とりあえず記録するこういうノートはその人間の精神生活の履歴書のようなものである。

知的創造のヒント』 (外山 滋比古 著/筑摩書房) より

*関連するページ:心の鏡 (2009年03月24日)

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 脳と仲良く
★ タグ: ブログ術
★ アーカイブ: 2010年01月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート