◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

(ブログ舞台裏) 書くためのツールと書き方

2010年02月27日(土曜日)

@nijinochichi さんのブログ「Ideas 4 Life」で、ブログ記事を書くためのツールについて紹介されていました。その中で、

同じようにブログを書いている人はどのように書いているのか?とても気になります。もっといい方法を教えてもらいたいという下心もあり、このポストを書いています。(笑)

Ideas 4 Life > 書くためのツール」 より

私も同じように、他のブロガーさんがどのように書いているか興味があります。

@rashita2 さんが「R-sytle式 書くためのツールと使い方」でツール(Evernote)とその使い方を紹介されています。

お二人とも、いろいろ工夫されていますね。
私のやり方はとても普通なので参考にならないと思うのですが、一応ご紹介してみようかなと思います。

ブログを書くツール

あまりにも普通すぎて恥ずかしいぐらいですが、秀丸エディタ(以下、秀丸)を使っています。もう10年以上お世話になっているWindows用のテキストエディタです。
それと、ブラウザ(Firefox)。

この2つのみです。
この2つのソフトで仕事のほとんどを行っています。
ブログ用に特別なソフトを使うのもちょっと大変ですし、この2つで充分なので、たぶんこのスタイルは当面は変わらないと思います。

秀丸は常駐設定をしていて、Ctrl+Alt+H ですぐに起動できるようになっています。
Firefox のほうは、ブックマークツールバーからワンクリックで[名言コツコツ]の更新に必要な複数のページを開けるようになっています。

「ko2ko2」というタグがついたページを、「タブですべて開く」から一度に開きます。
一番上の「名言テンプレ」というのは、ブログエントリーの雛形をまとめているテキストファイルです。繰り返し使うHTMLタグなどをまとめているので、必要に応じてここから秀丸にコピペして使っています。
(雛形を充実させることで、ブログ更新の時間短縮を工夫しています)

一番下の「★バーチャル本棚」は読書メモのデータベースブログです。
読書メモをベースに記事を書くことも多いので、これも一応毎回開くようにしています。

ブログ記事の書き方

まずは、その日のテーマを決めます。
ブログ記事をまとめて書き溜めておくことが出来ないので、毎日、その日の気分にあわせて何を書くか決めています。

名言、英語の名言、ことわざ、読書メモ(本からの引用)、四字熟語、ネタ帳の中から、その時の気分にあったものを選びます。
(なので、日々のブログ記事には私のその日の精神状態などが反映されているのだと思います、たぶん)

テーマが決まったら、秀丸の新規ページで文章を書いていきます。

@nijinochichi さんは「とても気が散りやすいので、ブログを書こうと思ったときには、集中することが課題」だったそうです。
私の場合は記事を書く途中で気が散るということがないみたいで、集中したまま最後まで書くことが出来ています。
(なぜだろう? 自分では理由がわかりません)

@rashita2 さんの場合は、文章の履歴管理にかなりこだわりがあるようです。
私の場合は、逆で、履歴は全くとりません。ほぼ完成に近い状態まで書き上げていても、読み返して気に入らない場合は、バッサリと削除します。アナログの世界で、原稿用紙をぐしゃぐしゃにしてゴミ箱へポイッと投げ捨てるみたいに。
そして、まっさらの状態に戻して、いちから書き直します。
(書くスタイルって、人によってだいぶ違うんですね)

秀丸と Movable Type の間を何度か行ったり来たりして文章を仕上げます。

気をつけていること・書くのにかかる時間

最後は下記の項目をチェック。

  ・皮肉な表現はないか?
  ・エラそうな表現はないか?
  ・自慢気な表現はないか?
  ・音読して読みづらくないか?

難しいのですが、上記をクリアできるように努めています。

毎日更新しているレギュラーコンテンツは、基本的に短めの文章で、サラッと読めることを目指しています。読んでくださる方の負担が少なくてすむように。
書く時間は、最短だと10分程度、長くても1時間程度です。

この記事もそうですが、イレギュラーコンテンツ(「雑記:漫筆(まんぴつ)」カテゴリー)のものは、基本的に私が書きたいことを書いているので、ダラダラと長くなりがちです。
書く時間も、数時間かかるのが普通です。そのため、週末などの時間があるときに、のんびり書いています。

まとめ

文章を書く自分なりのスタイルがあるって、大事ですよね。

ものを書くにはスタイルが必要。
文章を書くのが苦しいのは、スタイルができていないから。

知的創造のヒント』 (外山 滋比古 著/筑摩書房) より

この本を読んだのは、ブログを更新するのに苦労していた一年ぐらい前のことです。試行錯誤をかさねているうちに、いつの間にか、「苦しくない」私なりの書くスタイルができていました。

あと、これは人によると思いますが、私の場合は毎日書き続けることで「苦しさ」が無くなったと思います。
慣性の法則のように、ずっと続けているほうがラクなんです。

参考になることがあったかわかりませんが、今日はブログの舞台裏をご紹介してみました。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 雑記:漫筆(まんぴつ)
★ タグ:
★ アーカイブ: 2010年02月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート