◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

ポジティブでもネガティブでもなく、ニュートラルな状態をめざす

2010年03月09日(火曜日)
ポジティブすぎる人は運を逃す

物事には、必ず、ポジティブな面と、ネガティブな面の両方があります。その両サイドを見られるようになると、物事の本質がつかめてきます。
ポジティブすぎる人は、どうしても、そのあたりが抜け落ちているのです。その態度が、繊細な人、感受性の鋭い人には、無神経に見えて、嫌われてしまいます。

強運を呼び込む51の法則』 (本田 健 著/大和書房) より

[名言コツコツ]では読んでくださる人の心が明るくなるメッセージを発信したいと思っています。元気がでたり、やる気がでたり、明日への活力が生まれるといいな、と。
なので、少しポジティブに偏ったメッセージになっているかもしれません。

テレビや新聞などの報道ではネガティブなメッセージが多いので、少しぐらいポジティブに偏っていても全体のバランスを考えれば問題なさそうですよね。

ただ、私自身が目指しているのは、ちょうど一年程前に「知足(ちそく)」をご紹介したときのように、ポジティブでもネガティブでもなく、ニュートラルな状態です。

感情というのはほぼ常に揺れ動いていますよね。
ポジティブだったかと思うと、すぐにネガティブに偏ったり、またポジティブに浮上したりと、まるで振り子のように。

こういう感情の波があるのは自然なことですよね。
常にネガティブな生き方も、常にポジティブというのも、どちらも疲れると思いませんか? それに不自然な気がします。

そんな感情の振り子がふとした瞬間に、ニュートラルな状態になります。
心が穏やかに満ち足りている状態のときです。
常にその状態に留まることはできなくても、なるべくニュートラルな状態をめざしたいと思っています。

そのために、ネガティブに偏っているときはポジティブ方向へ誘導。ポジティブでハイテンションすぎるときは気持ちを落ち着かせる方向へ。
どちらか一方へ偏るのではなく、中庸でいられたらどんなにいいでしょう。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 感情のコントロール
★ タグ:
★ アーカイブ: 2010年03月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート