◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

楽は苦の種、苦は楽の種

2010年05月25日(火曜日)
楽は苦の種、苦は楽の種

[読み]らくはくのたね、くはらくのたね
[意味]楽しみのあとにはきまって苦しみがやってくるし、反対に苦しみのあとには楽しみがやってくる。だから楽しいときには心引き締め、苦しいときでも希望を失うなということ。

ことわざ

ひさしぶりに諺から。

以前ご紹介した「人間万事塞翁が馬」を思い出しますね。

なにかいいことがあると、その幸せな状態がいつまでも続くと思います。
なにかわるいことがあると、その辛い状態がいつまでも続くと思います。

その状況の真っ只中にいるときはそう思うのですが、実際には何かの状態がずっと続くということはありません。

だから、調子が良すぎるときは「勢い使い尽くすべからず」を思い出し、うまくいかないときは「どの雲にも銀の裏地がついている」ことを思い出す。

そうやって一喜一憂することなく、自分をコントロールできればいいなと思っています。

*関連するページ:
   ・つまづいたおかげで by 相田みつを
   ・「うれしくなるゲーム」
   ・盛者必衰の理 by 平家物語

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
「楽は苦の種、苦は楽の種」って、健康管理にもあてはまりそう。
おいしいものを食べたいだけ食べ続ければ「苦の種」に。
ちょっと辛くても適度な運動を続ければ「楽の種」になってくれるんでしょうね。

★ 自分磨きテーマ: うまくいかない時には
★ タグ:
★ アーカイブ: 2010年05月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート