◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

人は「安心感」から動ける

2010年08月09日(月曜日)

まず最初に、お知らせから。
8/7の「72時間ルール」について、とても参考になるコメントを頂いたので、追記でご紹介させて頂きました。(どうぞ先日の記事後半もご覧くださいね)

◇     ◇     ◇

気持ちが通じ合えるチームやグループになると積極的な行動につながります。人は安心感から動けるからです。

イタい人にならない自分☆発信力』 (原村 和子 著/ビジネス社) より

先週ご紹介した「あらゆる財宝のうちで最高のもの」のときも書きましたが、友人の存在というのは、精神的にとても大きな支えです。
自分ひとりでは無理だと思えることでも、気持ちが通じ合えるチームやグループだと行動することができるようになります。

最近、そういうことが2つありました。

(ここからは私的な内容になりますので、ご興味ない方はスルーお願いします)

1つめは、東京ライフハック研究会 の立ち上げです。
2つめは、東京マラソンへの参加申込みです。しかもフルマラソンで。

東京マラソンにむけたランニングチームについては書きたいことが沢山あるので、後日あらためて書きますね。

今日は東京ライフハック研究会のことについて。
@beck1240 さんの主催で、どんどん仲間が集まり、先月7月25日に第一回を実施することができました。
運営スタッフはもちろん、参加者の皆さんにも一緒に「会」を盛り上げていただきました。どうもありがとうございます。
エンスージアム(熱意)がある人達が集まり、まさに「熱意は伝染する」ことを実感しました。

6月28日の「エンスージアム(熱意)がある人とつきあおう」という記事が、すでに懐かしく感じます。
この時はまだ決まっていないことだらけで、「本当に大丈夫かなぁ~」という気持ちが無きにしも非ずという状態でしたから(笑)。

数名規模のこじんまりした規模の催しであればそれほど心配はありませんが、それでも一番最初に勉強会を自分で主催したときは、かなりドキドキでした。

ところが今回の規模は50名超。勝手がまったくわかりません。
直前までバタバタと準備に追われるなか、運営スタッフ各自が積極的に行動し、「これは面白くなりそうだ」という気持ちも強くなっていきました。

ただひとつ心配だったのが、私が担当するワークショップのこと。
セミナーや講演会には参加経験がありましたが、じつはワークショップというのは経験したことがないのです(あったとしても覚えていない)。
だからワークショップの仕切り方なんて、全くイメージできなかったのです。

「わたしには無理です」という言葉が何度も出そうになりましたが、そんな弱音をはいてしまっては士気が落ちてしまいますからね。
「たとえ私がうまく出来なくても、ベックさんや他のスタッフがサポートしてくれるはず」ということを支えに、挑戦してみました。

さて結果はどうだったかというと、「またワークショップやりたい(仕切りたい)」と思ってしまいました。
うまく出来なかったことがいろいろありました。とくに私自身に心の余裕がなく、「楽しんでもらおう」という気持ちを伝えることができなかった点が一番の反省点です。
またチャンスがあれば、次はもっと余裕をもってのぞめると思います、たぶん。

こういう挑戦ができたのも、スタッフメンバーの皆さんのおかげです。
どうもありがとうございます。そして、これからもどうぞよろしくお願いします!

◇     ◇     ◇

(ここからは、さらに私的な内容になります)

8/7(土)に第一回の反省会と打ち上げがありました。
反省会参加メンバーは、@beck1240 さん、@powerangix さん、@matubiz さん、@saya_t さん。

打ち上げのお店は、第一回の懇親会場も手配してくれた @taro_ogata さんが選んでくれたブラジル料理屋さん。
お友達の結婚式のあとに駆けつけてくれた @Sayobs さんもここで合流。

打ち上げの途中、トミー(@saya_t)とベックさんがコソコソと何か話しをしていたのですが、「なんだろう? マラソンのことかなぁ~? それだったら私にも話してくれたらいいのに」と思っていました。

その後、ベックさんが席を立ってしばらく帰ってこなかったんです。
杏珠さん(@powerangix)が「ベックさん、電話みたいよ」とニコニコしながら言っていたので、「あ~ぁ、奥さんに怒られてるのかな~。 最近忙しくて、奥様とお話しする時間がなかったんだろうな」と思っていました。
(ベックさん、愛妻家ですからね!)

そんなことがありつつも、お昼ご飯を食べる時間がなくて空腹だった私は、パクパクと美味しいブラジル料理を堪能していました(もしかしたら、私が一番たくさん食べていたかも)。

デザートもたいらげてお腹もいっぱいになり、幸福感にひたっていたとき、お店のアナウンスで私の名前が呼ばれました。みんなが私のためにバースデーサプライズを企画してくれていたのです。

気がつけばステージ中央でケーキを手にしていました。
(このあたり、感動のあまり頭の中が真っ白になって記憶が曖昧です)

すっかり舞い上がってしまい、バースデーケーキの写真を撮ることも忘れて、一人でペロッとケーキを平らげてしまいました。(>_<);;
(ベックさんがブログでバースデーケーキの写真を紹介してくれていますが、その時点ではすでに跡形もない・・・)

これだけでも充分すぎるのに、心のこもった温かいプレゼントが待っていました。

まずはお花です。
途中ベックさんがいなかったのは、お花屋さんへこのお花を受け取りに行ってくれたのでした!

こんなふうに、コブタのアイコンが綺麗に印刷されたカード付きです。
コブタのピンク色と、ピンクローズの組み合わせがとっても素敵!

カードのコブタアイコンは、トミーが印刷してくれました。窓になっているところからコブタが見えるように、しっかり位置あわせをしてくれたのです!

カードの中身は、"from Tokyo Lifehack Lab Members"です。
これを見て、涙が出ないわけがありません。

これだけでも充分すぎるでしょ?
まだあるんですよ。

このチロルチョコ、中身は・・・。

杏珠さんがデザインしてくれた、コブタチョコです!
私が「コブタ」に深い愛着を持っていることを、すっかり見透かされているんです。

このチョコを見た瞬間、言葉が出なくなりました。
どんなにうれしかったか、今でもどう表現したらいいか、言葉が見つかりません。

チョコの箱にはメッセージ欄もあり、みんながメッセージを書いてくれました!

さらにトミーが「生花だと枯れてしまうから・・・」と、プリザーブドフラワーまでプレゼントしてくれました。(こちらもピンク系でまとめられています)

これだけじゃなかったんです!

ベックさんがニコニコしながら「祝電が届いています」と、@nijinochichi さん、@rashita2 さん、@kazumoto さんからのメッセージを読み上げてくれました。

感動のあまり、なかば放心状態になりつつ帰路につき、電車のなかでちょっと冷静になったところで、涙がポロポロとこぼれそうになりました。

なんとお礼を申し上げていいのかわかりません。
ありきたりな言葉ですが、本当にどうもありがとうございます。
深く深く感謝の気持ちをこめて、お礼申し上げます。m(_ _)m

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
今朝はベックさんのブログ記事を読んでまた感動がよみがえり、朝っぱらからボロボロ泣いてしまいました。
昨日のベックさんはバレーの練習のあと、バレー仲間がお祭りに行くのに、ぐっと我慢して帰宅し、原稿を書くとつぶやいていたんですよね。このつぶやきを見て「エライな~、私だったらお祭りに言っちゃうなぁ」と思っていたのですが、まさかこういうブログ記事だったとは・・・。だから感動もひとしおなのです。

★ 自分磨きテーマ: 最初の一歩を踏み出そう人間関係を良くしよう人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2010年08月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート