◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

「イタい人」にならないために

2010年08月19日(木曜日)
私たちが一番深いところで恐れているのは、自分がちゃんと社会とつながって生きていけるか、人との関係の中でうまくやっていくことができるか、その中で自分という存在が認められるか、ということなのではないかと思います。

イタい人にならない自分☆発信力』 (原村 和子 著/ビジネス社)

この恐れがあるから、「イタい人」になってしまうんでしょうね。

ところで、「イタい人」ってどんな人でしょう?
「痛々しくて見ていられない」とか「あんな風にはなりたくない」と思わせてしまう人のことで、例えばこんな人。

  • 一生懸命すぎるため、空回りし、周りがフォローできなくなってしまう人
  • "人のために"と口では言いつつも、本当は自分に注目してほしいという気持ちが透けて見える人
  • 自分を卑下しすぎて、周りに必要以上に気を遣わせたり、うんざりさせたりする人
  • 自意識過剰が過ぎて、何でも人の顔色を見て物事を決める人
  • 筋違いだったり、非常識なことに気づかずに、正しいと思ってやり続けている人
  • 上から目線で自分を誇示する人
  • 実力で人を引きつけようとせずに媚びを売る人

思わず、「アイタタタ (>_<);; 」と言ってしまいそうでしょ?
自分では気がついていないだけで、他人からは「イタい人」と思われているんじゃないかと、ドキドキしてしまいます。

実力以上に大きく見せたいとか、自分で自分を認められなくて、その不安が表面に出たときに、「イタい人」になってしまうのだと思います。

「イタい人」にならないためには、まずは自分で自分のことを認めてあげること。
やはり自尊心(自分を信頼するということ、自分を肯定的にとらえること)が、ベース(基礎)として大切なんだと、あらためて思います。

自尊心=基礎がぐらついていると、どんなに他のことを頑張っていても不安定なままですからね。

自分を低く評価している人を高く評価する人はいない
Nobody holds a good opinion of a man who has a low opinion of himself.

アンソニー・トロロープ (英国の小説家) - Anthony Trollope -

*関連するページ:
   ・気品の基本は、自尊心
   ・自分に自信を持てる最高の方法
   ・小さなことでも自分を褒める

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
昨日は調子にのって筋トレをがんばりすぎてしまいました。久しぶりの筋肉痛です。
翌日に筋肉痛になったことに、じつは気を良くしています。(*^~^*)
すぐに筋肉痛になるほうが若いって本当なんでしょうかね~?

★ 自分磨きテーマ: 人間関係を良くしよう
★ タグ: 自尊心
★ アーカイブ: 2010年08月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート