◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[本] 2010年の10冊:私の習慣に影響を与えてくれた本10冊

2010年12月30日(木曜日)

@stilo さんのこちらの企画に参加します。

2010年に自分が読んだ本の中から10冊を選んでブログで紹介してください。別に変な気合い入れなくても「選んでみたいだけ」「いいね!」な感じで気楽に選んでください。
そして、ハッシュタグ「#10book2010」を使って、Twitterで共有しましょう。

今年読んだ本から10冊選んでブログで発表しよう!」 (#StiloBlog) より

今年2010年に私が読んだ本は170冊程。
例年と比べて大幅減になりました。ブログの更新やオフ会・勉強会への参加に時間を割くようになったのが原因ですが、インプットとアウトプットのバランスとしては丁度いいのかもしれません。

その中から10冊を選ぼうと思ったのですが、なかなか難しいですね。
ブログで紹介するからには皆さんへのオススメ本10冊を選ぶべきだと思ったのですが、ここはあえて、私の個人的な視点でセレクトしてみました。

私の習慣に影響を与えてくれた本10冊です。
日々の習慣に影響があったということは、私の人生への影響が大きいということですから。

まずは仕事に関する本から。

仕事:「先取り」習慣

「前倒し」仕事術! ムリなく始められる、3つの習慣「前倒し」仕事術! ムリなく始められる、3つの習慣
中井 紀之

朝日新聞出版 2010-04-07
売り上げランキング : 76083

[名言コツコツ]ですでに何度かご紹介していますね。
9月23日の時点で、「今年読んだ本の中で、間違いなくベスト5に入ります」と書いていますが、はい、間違いありません。

2010年の三大重要目標のひとつが「先延ばし」を克服し、「先取り」習慣を身につけることでした。「先延ばし」を克服するために多くの本を読みましたが、この本が私にはピッタリでした。
ウサギとカメの「いいとこ取り」仕事術のおかげで、「先取り」習慣が身につきつつあります。

来年2011年はぜひとも「先取り」習慣を定着させたいと思っています。

仕事:「自分が充実感を得られる活動(=強み)」を増やし、「心を萎えさせる活動(=弱み)」を減らす習慣

お次はこの三冊を一冊のカウントでご紹介しますね。
というのも、私はこれら三冊を読んで、ようやく「ふむふむ」と理解できるようになったからです。
(たぶん、普通の方はどれか一冊で充分なのだと思います)

最高の成果を生み出す 6つのステップ最高の成果を生み出す 6つのステップ
マーカス バッキンガム 加賀山 卓朗

日本経済新聞出版社 2008-06-24
売り上げランキング : 8720
「興味」と「成功」の法則 「興味」と「成功」の法則 "ほんとうのあなた"を仕事に活かそう! (DVD付)
マーカス バッキンガム 田口 俊樹

宝島社 2010-01-21
売り上げランキング : 199830
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
マーカス バッキンガム ドナルド・O. クリフトン 田口 俊樹

日本経済新聞出版社 2001-12-01
売り上げランキング : 134

7月2日に「才能と強みは違う」ということでご紹介しましたが、上手にできることが自分の強みだと思っていたので、そうではないと知って、すーっとラクになれました。

いくら得意なことでも、精神的にぐったりと疲れ果ててしまう活動は減らそうと決意することができました。

仕事をしているとき、「今やっているのは強みかな? 弱みかな?」と考えるようになりましたよ。
2011年はこの2つを区別して、もっと強みを活かせるようにしたいと思っています。

人間関係:「箱」に入っているんじゃないか?を自問する習慣
 (自分を裏切ると、自己正当化が必要になる)

次も二冊を一冊のカウントでご紹介します。
やはり一冊だけではうまく理解できず、続編も読んでようやく実践できそうな気がしてきたからです。

自分の小さな「箱」から脱出する方法自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート 金森 重樹 冨永 星

大和書房 2006-10-19
売り上げランキング : 114
2日で人生が変わる「箱」の法則2日で人生が変わる「箱」の法則
アービンジャー・インスティチュート 門田 美鈴

祥伝社 2007-09-06
売り上げランキング : 5253

実はまだ習慣化には至っていません。
でもこれから習慣化したいと思っているところです。

なにか他の人に対して嫌な感情を持ったとき、それは自分が自分をごまかしている(自分を裏切っている)からなのではないかを自問することを習慣にしたいと思います。
習慣として定着させるには時間がかかりそうですが、これはぜひとも身につけたいと思っています。

人間関係:「人間関係の冷凍作戦」を実践する習慣

サラリーマンライフを楽しむ 勉強会ノート―社外友人獲得法
(堀 章男 著/産業能率大学出版部)

1985年出版の本なのでAmazonに画像がありません。
(この本をブログでご紹介した2010年01月13日時点では、Amazonで中古品が15,000円で出品されていました。今は863円で出品されています)

この本を読んだのは去年の年末なのですが、今年の私の習慣にとても大きな影響があったのでセレクトしました。

1月13日に「人間関係の冷凍作戦」をご紹介しましたね。
2010年はこれを実践しましたよ。

「この人とはぜひまた会いたい」「久しぶりにあの人に会いたい」と思ったら、とにかく口実を考えて、勉強会やオフ会にお誘いしました。

去年までの私のやり方は、「久しぶりにランチでもいかがですか?」とか「お茶しませんか?」というお誘いでした。もちろんこのやり方もいいと思うんですよ。

でも、「人間関係の冷凍作戦」のほうが効果的だと思います。
2011年も引き続き、この作戦は実践していきたいと思います。

心・精神:感謝トレーニング&感動トレーニングの習慣

次は本じゃなくて、雑誌なんですけど・・・。

致知 2010年10月号武田双雲 (書道家)
『致知 2010年10月号』
インタビュー記事より

9月4日に「感謝力と感動力は鍛錬で身につく by 武田双雲」としてご紹介しました。

2009年4月から始めた「感謝トレーニング」に、「感動トレーニング」を加えることになったのは、この武田双雲さんのインタビュー記事を読んだからです。

この2つの習慣は、iPhone の Touch Goal というアプリに習慣化をサポートしてもらっています。
(詳しくは、「Touch Goal : 習慣化をサポートしてくれる iPhoneアプリを使ってみよう」にて)

感謝するとか、感動するとか、意識していないと忘れちゃうんですよね~。
毎日、Touch Goal のおかげで感謝力と感動力を磨くトレーニングができています。
もちろん 2011年も続けますよ。

心・精神:「ごきげんな気分になる」習慣

ごきげんな気分になるための50のレッスンごきげんな気分になるための50のレッスン
秋山 裕美 五十川 祐美

ベストセラーズ 1997-07
売り上げランキング : 1361323

この本ではごきげんな気分になれる50の方法が紹介されていますが、その中から1月19日にベスト3をご紹介しました。
  ⇒ ごきげんな気分になるためのレッスン BEST3

さらにその中でも、【まだ(not yet)】というマジックワードが私の中で一番のお気に入りです。
「(いまは)まだ出来ないけど、・・・」という言い方が口ぐせになっていると思います。

これは未来への希望を持つ習慣でもあります。
「(いまは)まだ英語の理解力が低いけど、ちゃんと英語の勉強を続けているから、きっと一年後には今よりも理解力が向上しているはず」というような。

心・精神、健康:散歩の習慣

新しい自分に出会える「散歩」ノート新しい自分に出会える「散歩」ノート
中山 庸子

ホーム社 2003-11-26
売り上げランキング : 826544

2010年の健康部門の目標のひとつが、散歩を習慣化することでした。
それで読んでみたのがこの本です。

5月15日に「スピードを落として人生を楽しむ」でご紹介しました。

散歩は、すてきな何かや誰かと出会える宝庫。
そんな出会いの「誰か」の中に「新しい自分」も含まれているのです。
散歩をとおしてどこかが新しい自分に出会えたら、もっともっと毎日が楽しいものになりそうです。

新しい自分に出会える「散歩」ノート』 (中山 庸子 著/ホーム社) より

健康のためにと思って始めた散歩習慣でしたが、新しい自分に出会うという見方が新鮮でした。カラダの健康だけでなく、ココロの健康にも散歩はいいですよね。

また先ほどの『ごきげんな気分になるための50のレッスン』の中で紹介されていた「季節の変化を匂いで感じよう」も一緒に習慣化しています。

健康:走る習慣

ゼロから始めるフルマラソンの本 (趣味の教科書)ゼロから始めるフルマラソンの本 (趣味の教科書)
ランニング・スタイル編集部 内山 雅博

エイ出版社 2008-06-26
売り上げランキング : 57012

2010年の私の生活で一番衝撃的だった変化は、走り始めたこと。
体を動かすのが大の苦手で、歩くぐらいならなんとかなるけど、走るなんてもってのほかと思っていたのに、マラソンに挑戦することになったのです。

これは本の影響ではなく、ホッシーナさん(@hosshina)に東京マラソンに誘ってもらったおかげです!
東京マラソンが始まったときから秘かに憧れていたのですが、とても一人ではチャレンジできませんでした。
(ホッシーナさん、どうもありがとう!!!)

まったくの未経験者が本当にマラソン(しかもフルマラソン)を走れるようになるのか不安だったのですが、この本を見つけて希望が見えました。

2011年も引き続き、コツコツと走ります。

趣味:デジタル一眼カメラを買ったよ♪ 写真習慣

カメラ*好き (マイコミムック) (MYCOMムック)カメラ*好き (マイコミムック) (MYCOMムック)

毎日コミュニケーションズ 2010-03-05
売り上げランキング : 271950

12月27日に書いたばかりですが、2010年は写真・カメラに投資しました。
写真教室に通って写真・カメラの基礎は勉強しましたが、それでも自信がなくてデジタル一眼カメラを買うのはためらっていました。

ところが『カメラ*好き』をみて、「私もこんな写真が撮りたい!」と心が動き、買っちゃいましたよ、デジイチ(デジタル一眼カメラ)を。

いまだに下手なんですけどね、エヘヘ、デジイチ楽しいですよ~ぉ♪

Panasonic デジタル一眼カメラ GF2 レンズキット(14mm/F2.5パンケーキレンズ付属) フルハイビジョンムービー一眼 シェルホワイト DMC-GF2 C-W
Panasonic デジタル一眼カメラ GF2 レンズキット(14mm/F2.5パンケーキレンズ付属) フルハイビジョンムービー一眼 シェルホワイト DMC-GF2 C-W
(私が買ったのは、これ ↑ のひとつ前の世代 GF1)

白色がお洒落でしょ~?
普通のデジタル一眼よりも小さくて軽いので、普段からカバンの中に入れて持ち歩くことができます。

趣味・勉強:洋書を読む習慣 + Kindle で電子書籍を読む習慣

Content Rules: How to Create Killer Blogs, Podcasts, Videos, Ebooks, Webinars (and More) That Engage Customers and Ignite Your Business (New Rules Social Media Series)Content Rules: How to Create Killer Blogs, Podcasts, Videos, Ebooks, Webinars (and More) That Engage Customers and Ignite Your Business (New Rules Social Media Series)
Ann Handley C.C. Chapman David Meerman Scott

Wiley 2010-12-07
売り上げランキング : 162572

洋書を読む習慣と Kindle で電子書籍を読む習慣が定着するキッカケとなったのがこの本です。

これまで洋書は図書館で借りるのがメインでした。
私が通っている図書館は洋書が充実しているのですが、ビジネス書(しかも新しいもの)は少なく、和書とちがってリクエストも出来ませんから、なかなか読みたいものを見つけることができませんでした。

でも簡単な方法があったんですよね。
Amazon.com のアカウントが必要ですが、Kindle eBook から読みたい本をすぐに注文できるんですから。
しかも、注文してから【たった1分で】読み始めることが出来るんですよ!

宅配便で届くのを待つ必要もないし、本屋へ出向く必要もありません。図書館に借りに行く必要もないんです。

真夜中にベッドの中からでも、「読みたい!」と思ったその瞬間に本を手に入れて読み始めることが出来るんですよ!
(実際に、私は上記の本を夜に布団の中から iPad で注文しました)
この快適さを一度体験してしまうと、虜になるのはもう間違いありません。

わからない単語はタップするだけで辞書が表示されます(英英辞典ですけどね)。
ボールペンも蛍光ペンは必要ありません。範囲を選択してハイライトやメモをつけることができますから。
しおりも付箋紙も必要ありません。Bookmark もタップするだけです。

ペンも付箋紙も持つ必要がなく、ページをめくるのも指1本。
だから混んでいる電車の中でも iPhone を片手に持つだけで快適な読書ができます。

ハイライトやメモ、Bookmark はサーバー経由で同期されるので、iPhone でも iPad でもシームレスで読書ができます。外出時は iPhone 、家では iPad で上記の本を読んでいます。

読書好きにとって、この読書習慣の変化は夢のようです。
来年の今頃は和書も同じような環境が整っているといいのですが・・・。

◇     ◇     ◇

@stilo さんの企画意図とずれてしまったかもしれませんが、私の習慣に影響を与えてくれた本10冊をご紹介しました。

一年を振り返るいい機会になると思います。皆さんも #10book2010 の企画に参加してみませんか?

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 書評:BOOK REVIEW
★ タグ: 読書
★ アーカイブ: 2010年12月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート