◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 結果を出すには1回だけじゃダメ。頑張れることを続ける必要がある by 有森裕子

2011年02月10日(木曜日)
結果を出すには1回だけじゃダメ。
頑張れることを続ける必要がある

有森裕子

昨日は有森裕子さんの講演会に行ってきました。
講演の最初から最後までずっとメモをとり続けました。小さめの文字でA4用紙二枚にビッシリ。講演会でこんなにメモをとったのは初めてです。

じつはランニングに興味を持ったのはつい最近なので、有森さんのことにあまり詳しくありません。オリンピックのメダリストだということぐらいで、生い立ちとかどんな苦労があったのかという話は今回初めて知りました。

オリンピックに出場する選手だったのですから、さぞ才能に恵まれたのだろうと思っていましたが、ぜんぜん違うんですね。

生まれたときに両足の股関節脱臼だったそうです。幸いにも早めに発見され、矯正バンドで半年固定させて治すことができました。
そうはいっても他の子供達のように活発に動き回ることができず、走ればすぐに転んで怪我をしていたのだとか。

そんな彼女が陸上を始めたキッカケは、小学3年生のとき出合った優しい体育の先生。その先生が顧問をされていたのが陸上クラブだったので、先生と仲良くなりたいがためにそのクラブに入ったんだそうです。べつに陸上競技に興味があったわけじゃないんですね。

こうしたちょっと不純な(?)動機で始めた陸上ですが、最初から芽が出たり、才能が花開いたわけじゃないんです。そのクラブ活動をとおして、まず下に、見えないところに「根っこ」ができていったのです。

その「根っこ」とは、【頑張るって楽しいな】ということ。

頑張れば人が褒めてくれる。それがうれしかったんですね(とくに憧れの先生に褒められるのがうれしかったんでしょうね)。

小学校卒業時にその先生に言われたのが、冒頭でご紹介した内容です。

  「結果を出すには1回だけじゃダメなんだ。
   頑張れることを続けてみろ」


小学生時代に育てたこの「根っこ」(頑張る=楽しい)が、その後の有森裕子さんを育てていくことになります。

この話の続きはまた明日。

*関連するサイト: 有森裕子さんのオフィシャルブログ

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
2月3日から「腰割」という股関節及び腸腰筋の筋トレ兼ストレッチを始めました。毎日10回ずつ続けています。(やり方はこちら ⇒ 股関節の歪みなおし - gooダイエット
始めたキッカケは、太郎さんが腰割を始めてからランニング時の呼吸が楽になったと教えてくれたことです。呼吸が楽になるならぜひやってみたいと思い、Touch Goal に登録して続けています。
最初はうまく出来なくて苦労しましたが、少しずつ関節が柔らなくなってきたみたいで、足幅を広げたり、腰をより深く落とせるようになってきました。
実際の効果だけでなく、「腰割」を続けていることが走るときの力になると思うんですよね。「ランニングのためにこれだけのことやったんだ」という自信に繋がると思うので。
これからもコツコツ続ける予定です。

★ 自分磨きテーマ: コツコツ続ける
★ タグ: 有森裕子
★ アーカイブ: 2011年02月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート