◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言/ノート] アイデアの源泉は「エブリディノート」 by 笹本恒子/「気付きノート」 by 石川 香

2011年03月09日(水曜日)
ノートというものは「経験の隠し場所」であり、創作を生む「素材」である

ミハイ・チクセントミハイ (「フロー」の提唱者)

笹本恒子(ささもと つねこ)さんをご存知でしょうか?
日本初の女性報道写真家として活躍され、96歳の現在も海外取材を行うなど、お元気で活躍されていらっしゃいます。
ということを、今月の『致知(ちち) 2011年4月号』で知りました。

「生涯現役」という連載コーナーで笹本さんのインタビューが紹介されています。
出来ることならこのインタビューをすべてご紹介したいところですが、そうもいきません。(立ち読み用の電子ブックの中にインタビューの最初の2ページが含まれていますよ)

少し長くなりますが、インタビュー記事のなかで特に印象に残った「エブリディノート」 に関する部分をご紹介させて頂きますね。

アイデアの源泉は「エブリディノート」

── 今後の夢をお聞かせください。
笹本 初めにも申し上げたように、あんまり有名でなくて、立派な仕事をしている方。過去でも現在でも、そういう方を探して写していきたい。ですからね、笑われるかもしれませんが(帳面を取り出して)、これが私の毎日ノートです。

── あぁ、日記ですか。
笹本 いえ、日記は別です。これは「エブリディノート」といいましてね。毎日毎日、テレビで見たこと、新聞を読んで何か感じたこと、気になった言葉などを書き留めておくんです。例えば、虹が出たなんていうと、その絵をここへ描いたり、料理番組でいい献立があるとレシピをメモしたり。他にも明日の約束とか、大事なことを忘れないように書くようにしています。

── なるほど。ぜひ私も見習わせていただきたいです。
笹本 そうしてください。いいですよ、このらくがき帳。一冊九十三円です(笑)。どんな絵や字を書いたって楽しいし、後で振り返っていろんなアイデアも湧いてきます。

致知(ちち) 2011年4月号』 P79

96歳で夢があって、その夢のために毎日「エブリディノート」を書いているって、素敵ですよね~♪
感じたことや気になった言葉などを書き留めることで、感性にさらに磨きがかかるのだと思います。

そして【後で振り返る】ということがポイントですよね!
手帳でもノートでも日記でも、後で読み返すという行動がセットになっていることが大事だと思うんです。
  ⇒ 【自分磨き日記】の書き方

笹本さんの場合はノートを振り返ることでアイデアが湧いてくるそうです。
「ひらめき」の種を集めているみたいですね。

「エブリディノート」に書く内容の例もあわせてご紹介しますね。

そうそう、これは最近感動した話ですが、チリの鉱山落盤事故で六十九日間地下に閉じ込められ、救出された方の一人が、ニューヨークマラソンに参加して完走なさったという記事が出ていました。

主催者側はゲストとしてお迎えしようとしたそうですが、本人は走者として出場し、足の痛みに打つ勝って完走してしまわれるんです。
彼は救出を待つ間、作業用の長靴をちょん切って小さくし、暗闇の坑道を毎日五キロから十キロ走っていたというんです。
そして「どんな状況でも絶望せず挑戦することの大切さを伝えたい」と今回の出場を決めたと。

私自身の人生を振り返ってみても同じことを思いますね。
特に若い人にはこの言葉を本当に伝えておきたいです。

致知(ちち) 2011年4月号』 P79

こんな素敵なことが書かれた【エブリディノート】。
いいと思いませんか?

私は自分のノートに【自分磨きノート】をいう名前をつけています。
  ・自分磨きノートの書き方 : とにかく紙(ノート)に書こう!
  ・自分磨きノートの書き方 : めざす理想像をノートに書く3つの方法
  ・自分磨きノートの書き方 : 【心メンテ編】イライラ・落ち込み・悩みをスッキリ&サッパリさせるノート術

以前ご紹介したことがある『ブスの「力」』の著者 石川 香さんのノートは【気付きノート】。
石川さんは「ブスのお笑いキャラ」を売りにホステスとして成功し、銀座で3軒のクラブを経営するだけでなく、銀座の割烹料亭、ハワイではマッサージ店やFMラジオ局も経営されている方です。

「気付きノート」を書く習慣

ホステスを始めた当初からずっと「気付きノート」を書く習慣がある。
感じたり、気付いたり、思いついたり、反省したりする中で浮かんだ、いろいろな考えや思いを率直にノートに書きとめる。教えてもらったこと、会話の中で引っかかりを覚えた言葉なども。

このノートは、気付いたことを書きつけるという意味だけでなく、後で読んで「気付く」ためのノートでもある。
書くことで自分と向き合い、予想もしない意外な発見があったり、無自覚にしていた自分の考え方の癖、自分が望んでいること、どういう方向に進みたいのかなどが見えてくる。

ブスの「力」』 (石川 香 著/講談社) より

ノートに自分の思いを書くというのは、自分を鏡に映して眺めるのに似ていると思います。そうやって冷静に自分を見つめることで、「自分の持ち味」を見つけることができるのかもしれません。


手帳でもノートでも日記でもいいと思います。
自分にとってそのノートなどがどういう意味を持つものなのか、それを考えて自分オリジナルの名前をつけてみませんか?
名前をつけることで、何のために書いているのかがハッキリすると思いますよ。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
昨日の夜にひらめいたアイデアなんですけどね、自分ではすごいナイス☆アイデアだと思ってるんですけど、どうでしょう?
それは「夜8時以降は開かない冷蔵庫」。
夜8時以降は食べないようにしているのですが、ちょっと梅干を出そうと思って冷蔵庫を開けてしまったんです。そしたら美味しそうなものが目に飛び込んできて、急にお腹が空いてしまいました。(>_<);;
それまでは全く感じていなかったのに、食べ物を見た瞬間に食欲がでてしまったんですよー! これ、マズイでしょ~。
だから、夜8時から朝の4時ぐらいまでは鍵がかかって開けられない冷蔵庫があったらいいと思うんです!!!
私が子供の頃は夏になると母が冷蔵庫に鍵をかけていました(昔は鍵付きの冷蔵庫があったんです)。子供達がジュースやアイスなどを出すために頻繁に冷蔵庫を開け閉めするので中の温度が上がってしまうんですよね。だから鍵をかけるというわけ。
もちろん現在ならデジタルロックにして、夜8時から朝の4時などロック時間はタッチパネルで自由に指定できるようにして、万が一、その時間帯に開けたくなったら難しいパズルを解かないといけない冷蔵庫。
そういうのあったら買いたいですか? (売れなさそうですね・・・)

★ 自分磨きテーマ: 自分磨きノートを書こう素敵な大人になろう
★ タグ: ノート手帳日記
★ アーカイブ: 2011年03月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート