◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] いまその場で、自分にできることを考える

2011年03月12日(土曜日)

今日は過去に紹介したことがある名言から、昨日の私を支えてくれた名言をご紹介します。他の方の心の支えになればいいのですが・・・。

あなたの持てるものの中から、あなたのいる場所で、あなたのできることをせよ。
Do what you can, with what you have, where you are.

セオドア・ルーズベルト (米国26代大統領) - Theodore Roosevelt -

ストレスフルになったり、パニックにならなかったのはこの言葉のおかげでした。
2009年2月7日に「できることは何?」でご紹介しましたが、与えられている条件・環境の中で「いま自分ができることはなんだろう?」と問いかけることを習慣にしていたことが、こういう時に一番役立ちました。


たいていどんなことでもうれしいことが見つかるものなのよ。
一生懸命さがせばね。

エレノア・ポーター 『少女ポリアンナ』 より

これは何度も繰り返しご紹介していますね。
2009年7月2日に「うれしくなるゲーム」でご紹介しました。

数十キロを歩いている途中で何度も思い出したことです。
自分磨きノートの書き方 : 【心メンテ編】イライラ・落ち込み・悩みをスッキリ&サッパリさせるノート術」を頭の中でやりながら、「どんな状況でも、必ず(!!) いいところがある」と自分に言いきかせていました。


最後にもうひとつ。

私たちは他から得たもので生活をし、
他に与えることで人生をつくっていく。
We make a living by what we got,
but we make a life by what we give.

ウィンストン・チャーチル (英国の政治家、著述家) - Winston Churchill -

他の人にしてあげられることがないか、よく考えたいと思います。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
昨日の地震発生時は銀座にいたのですが、ウォーキングシューズ、水、非常食としてのお菓子を購入したあと、30~40キロ(実際に歩いた距離が正確にはわからないのですが)歩いて帰りました。
iPhone のバッテリー残りがあまり無くて電源をオフにして歩いていたため、状況は全く把握していない状態でした。(バッテリーはいざという時のために温存しておきたかったので)
沢山の人が一緒に歩いていて、若い人は「お祭りみたいだね~」、年配の方は「デモ行進みたいだ」と、和やかな雰囲気で歩いていました。
途中、温かい緑茶を道端で配っている方がいたり、休憩所やトイレを開放してくれているところも多く、私にとっては「歩くマラソン」のようでした。
残り15キロぐらいで疲れていたとき、信号待ちをしていたら近所のケーキ屋さんの方がトレーにシュークリームとロールケーキを沢山のせて差し入れを持ってきてくれました。こういう時、甘いものって本当にうれしいですね!
今回も多くの方にお世話になりました。ありがとうございます。m(_ _)m
恩返しをしたくてウズウズしていますが、今は落ち着いて自分に出来ることを着実にやっていきたいと思います。

★ 自分磨きテーマ: うまくいかない時には
★ タグ:
★ アーカイブ: 2011年03月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート