◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 自分のものの考え方に一度も疑いを持たない人には、二つの本質的な危険が生ずる

2011年04月04日(月曜日)
自分のものの考え方に一度も疑いを持たない人には、二つの本質的な危険が生ずる。

一つの考え方に凝り固まってしまい、もっとふさわしい選択肢があるかもしれないのに、それを見ようともしない。
ある時点ではふさわしいと思われた価値観を、時が過ぎ、状況が変わっても持ち続け、いつまでもその古くさい価値観で行動している。

働かないって、ワクワクしない?
(アーニー・J. ゼリンスキー 著/ヴォイス) より

年齢を重ねるにつれ、考え方の柔軟性が失われていくような気がします。
カラダの柔軟性が失われていくのと同じように。

でもストレッチを続けていればカラダは柔らかくなっていきます。
アタマも同じですよね~。

一年ぐらい前に「新しい視点に対しても柔軟に対応できる能力を磨く」を書きました。
居心地のいい「いつものパターン」をあえて崩してみよう、という提案です。

新しい考え方や価値観にも対応できるように、中央のコンフォートゾーン(居心地のいい安全地帯)からストレッチゾーンへ冒険することも必要です。

ガチガチの石頭にならないよう、「心地よい違和感」も大切にしたいですね。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
今日は初めてジャズダンスのレッスンを受けてきました。
新しいことをいくつも同時に始めるのは良くないと思うのですが、「思い立ったが吉日」ですからね、やりたいと思ったことを先延ばしせずに挑戦してみました。
なぜ突然ダンスのレッスンを始めたかというと、『書きだすことから始めよう』という本の影響です。この本では自分自身を知るための14のエクササイズがあるのですが、「子供のころ、好きでたまらなかったこと」を紙に書き出しているうちにダンスがしたかったことを思い出したのです。
子供の頃は習い事をする経済的余裕がなくてダンスを習うことができませんでした。それでも『雨に唄えば』をみてジーン・ケリーの真似をしてみたり、サンダルをカタカタいわせてタップダンスの真似事をしていました。
べつに今からダンサーを目指そうなんて考えていませんが、子供の頃にやりたかったこと(それなのにすっかり忘れていた(>_<);;)をやってみようと思うのです。
初回の今日は振り付けを覚えられずまったくダメダメでしたが、楽しかったです。(*^ー^*)

★ 自分磨きテーマ: 素敵な大人になろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2011年04月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート