◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 「頑張ってください」と言われたときに、どのように受けとるかで「不調」かどうかを見分ける

2011年12月22日(木曜日)
<不調の見分け方>

激励、励ましを受ける際に、「頑張ってください」という言葉を使われることが多いはずです。この、「頑張ってください」を言われたときに、どのように受け取るかを感じてみることです。

うまくいっているときは、「ありがとうございます。頑張ります!」と思うことが多いでしょう。
しかし、うまくいっていないときは、「そんなことを言われなくても、いつも頑張っているよ。何でそういうことを言うんだ!」と、被害妄想が拡大していきます。
このように、激励を受けたときにどう感じるかも重要なポイントです。

結果を出し続けるために』 (羽生善治 著/日本実業出版社) より

不調も3年続けば実力」のときにご紹介した『結果を出し続けるために』が手元に届いたので読み始めたところです。
期待通り、インスピレーションを刺激してくれる良書でした。

今日ご紹介したのは、不調を見分ける4つの方法のうちの1つ。
これと似ていると思ったのは、誉められたときの自分の反応です。

ほめられたら、「ありがとう」だけ言えばいいのよ from スヌーピー」でご紹介したように、謙遜したり自虐的になったりすることなく、素直に「ありがとう」と言えるときはうまくいっているときです。

うまくいっていないときは被害妄想が拡大しやすいんですね、「うわぁ~、イヤミかなぁ」と悪く受け取ってしまうことさえあります。

励まされたり誉められたとき、他の人の言葉や心を歪曲することなく、素直に受け入れることができれば、それはうまくいっているってこと。

もしそうじゃなければ、気持ちの切り替えが必要なサインだと思ったらいいですね。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
今日、心にズシンときた一冊。『世界中のこどもたちが』という写真絵本です。
写真のよしあしってよくわかりませんが、この本の子供達の写真は誰がみても「いい写真だ」と感じるんじゃないかな~。
先週「2011年の10冊」を選びましたが、まにあえばこの本も加えたかったぐらいです。
たぶん児童書コーナーにあると思うのですが、書店や図書館でみかけたらぜひ手にとってみてくださいね。
世界中のこどもたちが (からだとこころのえほん)

★ 自分磨きテーマ: うまくいかない時には
★ タグ:
★ アーカイブ: 2011年12月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート