◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 「スタイル」とは、その人の姿勢や生き方。自分のすべてに興味を抱き、長所や短所を愛し生かしてこそ追求できる

2011年12月25日(日曜日)
「スタイル」とは、服についてのみ追求するものでも、完璧なプロポーションの持ち主に最初から与えられているものでもありません。

スタイルとは、その人の姿勢や生き方です。
自分のすべてに興味を抱き、長所や短所を愛し生かしてこそ追求できるのです。

人生においてスタイルを追求する道のりでは、時に何かを失ったり、何かを得たりすることがあります。そばかすさえも愛してあげましょう。ひっつめ髪はやめましょう。骨盤は正しい位置に。
新しいファッションアイテムを買うよりも、そのほうがずっと効果的です。

誰でも美しくなれる10の法則』 (ティム・ガン 著/宝島社) より

「スタイルがいい」とは姿形(すがたかたち)のバランスがいいこと。
「スタイルがある」とはその人なりの流儀や様式があること。

最初は他の人の真似をすることから始まったとしても、いずれ自分独自の行動様式や生活様式、人生に対する姿勢ができてきます。

なげやりで消極的で他の人や環境に流されて生きるのか、自分なりの幸せを求めて芯のある生き方をするのか、それは自由に選択できます。
せっかくですから悔いの残らない生き方を選択したいですよね。

姿形(すがたかたち)については持って生まれた部分と自分でコントロールできる部分があります。

自分でコントロールできて、しかもスタイルの良し悪しに大きな影響がある骨盤の位置について、とてもよいアドバイスが紹介されていたのでご紹介しますね。

骨盤の位置に関する最もよいアドバイスは、ジャネット・レインが女性の姿勢について著した『Your Carriage, Madam!(物腰にはご注意を、マダム!)』にあります。1934年に出版された本ですが、ちっとも古びたところがいのは、猫背に対する誘惑が永遠のものだからでしょう。

ジャネット・レインはこの本の中で、「骨盤を正しい位置に保つためには、混雑したレストランでテーブルとテーブルの間をすり抜ける時を想像しなさい」と書いています。

本能的に下半身を引き締め、おへそをぐっと引っ込めているはずです。これこそが骨盤の正しい位置なのです、だから正しい骨盤の位置は「ビストロポジション」と呼ぶこともできます。ピラティスをやる人なら、「スクープ」のポジションだとピンとくるでしょう。

同書より

ピラティスはやってないのでわからないのですが、「ビストロポジション」はピンときます。狭いお店でテーブルの間を通るときのあの骨盤の位置です。きっと皆さんにもピンときますよね。

あと、背骨を伸ばそうとするより、鎖骨を左右に開くように意識するほうがいいみたいです。

デスクワーク中心だとどうしても腹筋・背筋が弱って姿勢が悪くなりがちです。
立って歩くときは「ビストロポジション」を意識してみましょう!

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
今日はほぼ一日中眠っていました。この時間に目が覚めてよかった~。うっかりブログ更新をさぼるところでした。
風邪のほうは回復にむかっているようです。普段は何気なく行っていること(例えば鼻で呼吸できるとか)がこんなにありがたいことだったとは!
ここ最近風邪をひいていなかったので身体が丈夫になったんだと油断していました。やっぱり油断大敵ですね。

★ 自分磨きテーマ: 素敵な大人になろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2011年12月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート