◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[ブログ術] 文章を書くことの悩みについて(時間がかかりすぎる/自分の主張を伝える勇気)

2012年03月19日(月曜日)

ブログの更新(文章を書くこと)について美雪さんからご質問を頂きました。
(美雪さんから了承いただいたのでブログにてご紹介させていただきます)

はじめまして(o^^o)
いつも楽しくブログ拝見しています。
私もブログをやっています。19歳の大学生です。
kobutaさんにひとつ質問させてください。もしお時間がありましたら返信してくださると嬉しいです。

私も英語が好きで、英語を使った記事を書きたいと思っています。ですがいざ書こうと思うと、わからない単語を調べながらになってしまって時間がかかってしまいます。
この場合だけでなく、書きたいネタができても、自分の浅はかな知識だけじゃなんかなぁと思って調べたりするのですが、それに時間がかかって、なかなか続けられないのです。

しかしこれはブロガーである以上、当たり前のことなのでしょうか?ブログに書くために、調べたりするのは当たり前のことですか?それとも、日々インプットしていることを、ブログに綴るのでしょうか?

たぶん同じような悩みを持っている方もいらっしゃると思ったので、ブログに書くことにしました。

悩み(1) 時間がかかりすぎて大変

私の場合は、たとえ短い文章の場合でも名言など他の人の言葉を引用して紹介するため、その人のプロフィールやその言葉の背景などを調べることにしています。

実際にブログに書いているのは、調べたことなどの1~2割ぐらいだと思います。氷山と同じで、水面に出ている部分=ブログに書くことは全体のごく一部だということです。
なので、短い記事を書く場合でもけっこう時間がかかっています。

引用が多い記事だと、「なーんだ、ただコピペしただけか」と思われることもありますが、実はそうじゃないんですよ。

例えば昨日の記事であれば、本文が1時間で【今日のコブタ】に25分かかりました(iPhoneデコの写真を撮ってブログ用に加工した時間含む)。
本文+【今日のコブタ】を書くのに1時間以内を目標としていて、週に7時間、月で30時間ぐらい最低かかっています。

それはレギュラー記事の場合で、イレギュラー記事(アプリ紹介など)の場合は簡単な内容で1本の記事を書くのに2時間、「自分磨きの習慣レシピ」などは1本に5~8時間ぐらいかかっています。
イレギュラー記事を書くのは、本当にしんどいです。
(だから本数も少ないのですが)

下調べをしたり、推敲にとても時間がかかります。
でもこれは文章を書く以上、仕方がないことでしょう。

文章を書いている人(ブロガーだけでなく作家やライターなど)はこういう苦労をしてアウトプットしているんだということを知る(身をもって学ぶ)ことはとても大切なことですよね。

普段なにげなく読んでいる本や雑誌も作るのはとても大変なことなんだと、ありがたみがよくわかります。
そして文章を書いている人への尊敬の気持ちも湧いてくるでしょうから、そう簡単に批判はできなくなる(謙虚になる)と思います。

ただ単に自分の言いたいことを吐き出すように書かれているブログも多いとは思います。でも、何か他の人に伝えたいメッセージがあるのであれば、それを伝えるための苦労&工夫は必然なのだと思っています。

悩み(2) 自分の主張を伝える勇気

美雪さんからの質問では触れられていませんが、なかなかブログを更新できない人の悩みとして「自分の主張を伝える勇気がちょっと足りない」ということがあるような気がしています。

「自分はこう思う」「こう考えている」ということを表明するのは、たとえブログであったとしても勇気が必要です。
「バカだと思われるんじゃないか」とか「こんなこと書いたらすごい批判があるんじゃないか」などと不安になる。
特に自分が大切にしている考え(信条)を他人に批判されると自信が揺らいでしまうので、普通は信頼できる相手にしか伝えないかもしれません。

「時間がないから」などブログを更新しない言い訳をしている人も、実のところは自分の主張を伝える勇気が足りないから書けない、ということがあるのではないでしょうか。

私は今でも「バカだと思われるんじゃないか」とか「こんなこと書いたらすごい批判があるんじゃないか」と考えることがあります。
でも「不安」にはなりません。
いつもその時自分にできる精一杯のことを書いているので、それで批判などを受けてもそれはそれで仕方ないと思うので。

◇     ◇     ◇

どちらの悩みも、結局は報われます。
勇気を出して自分の伝えたいことを時間をかけてしんどい思いをしてアウトプットすれば、それを受けとめくれる人は必ずいます。

以前ご紹介したことがありますが、ブログの更新を続けるのに支えになっている言葉がこれです。

「何かを表現すれば、それを必要とする誰かにきっと届くはず」
 という希望

ウェブ進化論』 (梅田 望夫 著/筑摩書房) より

「必要とする誰かにきっと届く」と信じているからブログを書いているのです。

*関連するページ:
 ・[1,000日連続更新記念] ウルトラマラソン級のブログ術
 ・これからブログを始める人、ブログ始めて間もない人へ
 ・毎日ブログを更新できるのは・・・
 ・続ける才能さえあれば、他のどんな才能も凌駕する

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 雑記:漫筆(まんぴつ)
★ タグ: ブログ術
★ アーカイブ: 2012年03月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート