◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] がんばれ!ではなく、がんばっているね! 「がんばっているね!」は、がんばっている相手の努力を認める言葉

2012年04月12日(木曜日)
「がんばれ!ではなく、がんばっているね!」

僕は、がんばることはカッコいいと思います。「がんばれ!」という言葉も、いい言葉です。応援する側の気持ちが伝わって、言われた人の励みになる明るい言葉です。でも、「がんばれ!」は嫌いな言葉だと言う人もいます。そういう人は、「これ以上、どうがんばればいいんだ?」と思っているのでしょう。

僕も本気でがんばっている人に、「がんばれ!」とは言いません。無理やり背中を押して、余計なお世話を焼いている感覚があるからです。

そんなときは、「がんばれ!」ではなく「がんばっているね!」と語尾を変えて言います。同じように見えますが、まったく違う意味になります。
「がんばっているね!」は、がんばっている相手の努力を認める言葉です。努力が認められれば、誰でもうれしい気持ちになります。

松岡修造の人生を強く生きる83の言葉
(松岡 修造 著/アスコム) より

これを読んだとき思い出したのが、羽生善治さんの下記の文章(2011年12月22日にご紹介しました)。

<不調の見分け方>

激励、励ましを受ける際に、「頑張ってください」という言葉を使われることが多いはずです。この、「頑張ってください」を言われたときに、どのように受け取るかを感じてみることです。

うまくいっているときは、「ありがとうございます。頑張ります!」と思うことが多いでしょう。
しかし、うまくいっていないときは、「そんなことを言われなくても、いつも頑張っているよ。何でそういうことを言うんだ!」と、被害妄想が拡大していきます。
このように、激励を受けたときにどう感じるかも重要なポイントです。

結果を出し続けるために』 (羽生善治 著/日本実業出版社) より

応援したいとき、つい、「がんばって!」と言ってしまいます。
(子供の頃、運動会とかで「がんばれー!」と言い過ぎたせいですかね)

悪気はないんです。
でも、「がんばれ!」を「あなたはまだ頑張っていないから、もっと頑張りなさい」という意味に受け取られてしまうこともあります。
難しいですよね。

だから、「がんばっているね!」とか「(あなたの)がんばっている姿に励まされます!」という言い方にすればいいんだなとわかりました。

これなら相手の努力を認めることができますからね。

ちゃんとがんばっている人には、「がんばれ!」じゃなくて「がんばっているね!」。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
空手の道衣(どうぎ)が出来ました!
(「道着」や「胴着」などでなく「道衣」という漢字なんだそうです)
昨日あまりに嬉しくて、Facebook のほうに友達限定で道衣を着た自分の写真をアップしたのですが、60人以上の方から「いいね!」をもらいました。ありがとうございます!
友達にだけちょこっと報告しておこう」という軽い気持ちだったのですが、リアルの世界の友達の範囲と Facebook の友達の範囲は違うということをすっかり忘れてました。
Facebook の「友達にだけちょこっと」は、あまり「ちょこっと」じゃありませんでしたね~。
うれしいんだけど、はしゃぎすぎた自分が少し恥ずかしいです。^_^;;;

★ 自分磨きテーマ: 人間関係を良くしよう
★ タグ: 松岡修造
★ アーカイブ: 2012年04月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート