◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 日記を10年つけると、ひとかどの人物になれる

2012年05月01日(火曜日)

「日記を10年つけると、ひとかどの人物になれる」
とはよくいわれることだが、どうやらそれは古今東西を通じた真実のようである。

天職をつかんだ9人の女性』 (井上 一馬 著/中央公論新社) より

「日記を10年つけると、ひとかどの人物になれる」というのは、この本を読んで初めて知りました(有名なのかな~?)。

私が日記や手帳を書き始めてまだ8年ほどです。
それまでは何をやっても三日坊主で、日記なんて二日続けばいいほうで、たいがい初日だけで終わってしまうのが常でした。

「日記なんて人に読ませるわけでもないのに、なんで書く必要があるの?」とずっと思っていたのです。

でも「書く」習慣ができた今になってみると、「書く」ことの重要性がよくわかるようになってきました。

「書く」意味は人によってそれぞれでしょうが、私にとっては「書く」ことで頭の整理が出来るということが一番大きいみたいです。頭の中で考えているだけのときは曖昧だった考えや思いが、「書く」ことでハッキリします。「書く」ことでさらに考えを深めることもできます。

そして「書き残す&読み返す」ことも非常に大切だと感じています。
お昼頃にアップしたブログ術の記事にも書きましたが、今日はお休みだったのでのんびりと過去ノートの振り返りを行いました。

「こうなりたい!」「こういうことをやりたい!」と思って書いていたことが、意外と簡単に実現していたり、逆に、数年前からまったく進捗なしというコトもあったり。

自分の書いたもの、特に手書きだとその時の感情までも思い出されて、やる気がまた復活することもあります。今日もいくつかやる気が再燃しました!

「日記を10年つけると、ひとかどの人物になれる」がどういう意味なのかよくわかりませんが、日記でもノートでも手帳でも、とにかくその時の自分の思いや考えを書き留めておくというのは、簡単に実行できて、かつ、効果が高いテクニックだと思いますよ。

*関連するページ:
 ・【自分磨き日記】の書き方
 ・自分磨きノートの書き方 : 振り返りの仕組みがある「反省日記」と「幸せ日記」
 ・ごちゃごちゃした頭を整理整頓するメモ術<前編>
 ・やりっ放しでは進歩がない ─ 手帳に書くべきこと

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
ペディキュア用に、セブンイレブンでパラドゥ ネイルビューティー(BE04)を買いました。パラドゥというのはセブン-イレブンのオリジナルメイクアップブランドなんだそうです。「塗るだけでほっそり手美人」という商品コピーにグッときました(女心をくすぐるね)。
でも手には塗りません。昨年からぬか漬け生活を始めたので手にネイルが出来ないんですよ(ネイルした手をぬか床に入れるとネイルが落ちてぬか床が痛むから)。
なぜペディキュアをする気になったかというと、空手の時は時計もアクセサリーも全て取らなくちゃいけなくて、メイクも汗でドロドロになってしまう為、お洒落できるところが足の爪しかないからです。^_^;;
そうは言っても派手な色をつけるのはちょっと抵抗があるし、でも地味すぎるのも嫌だし、ほどよくキラキラしていて派手すぎないものを探していて行き着いたのが、セブンイレブンのパラドゥだったというわけです。塗ってみたら、期待通りでした! これ、手にも塗るとキレイだろうなぁ・・・。

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ: 日記
★ アーカイブ: 2012年05月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート