◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 考えなければならない 誰のまねでもない せいいっぱい緑をかがやかせて うつくしく散る法を 名づけられた葉なのだから

2012年05月03日(木曜日)

名づけられた葉

新川 和江

ポプラの木には ポプラの葉
何千何万芽をふいて
緑の小さな手をひろげ
いっしんにひらひらさせても
ひとつひとつのてのひらに
載せられる名はみな同じ <ポプラの葉>

わたしも
いちまいの葉にすぎないけれど
あつい血の樹液をもつ
にんげんの歴史の幹から分かれた小枝に
不安げにしがみついた
おさない葉っぱにすぎないけれど
わたしは呼ばれる
わたしだけの名で 朝に夕に

だからわたし 考えなければならない
誰のまねでもない
葉脈の走らせ方を 刻みのいれ方を
せいいっぱい緑をかがやかせて
うつくしく散る法を
名づけられた葉なのだから 考えなければならない
どんなに風がつよくとも

今日は久しぶりに名詩のご紹介です。大好きな新川和江さんの詩。

以前ご紹介した「わたしを束ねないで」という詩は「娘」や「妻」「母」などという、一緒くたに束ねるように呼ばないで欲しいという内容でした。

今回の「名づけられた葉」はそれとは逆で、「個」としての自分の存在のありがたみや尊さ、責任について考えさせられます。

一人の人間として今ここに存在するということ。
シンプルにそのことをうれしいと思えます。

みずみずしい新緑の季節ですね。
生きる喜びをめいいっぱい味わいたい、そう感じる季節です。

*関連するページ:
 ・生きていくうえでの弾力性をつける : 日々あたらしく by 新川和江
 ・存在(そんざい) by 新川和江
 ・いい睡眠をとることで翌朝美しく元気な自分が再生できる。眠る前に詩をひとつ読むこと。小さな、けれど美しい習慣にしたい

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
[ビブラム]Vibram FiveFingers KOMODO SPORT Grey Persian Red少しずつファイブフィンガーズに足を慣らしています。最初は10分、次は15分、そして今日は20分と、5分ずつ走る時間を伸ばしています。
最初は5本指を入れるのに苦労しましたが、3回目の今日はわりとスムーズに履くことができました。
そして、「目」も慣れてきましたよ。
「派手で目立ちそう。恥ずかしいなぁ~」と思っていたのですが、もう既に慣れてしまって、ぜんぜん恥ずかしくなくなりました。これで電車も乗れそうです(笑)。

★ 自分磨きテーマ: 人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2012年05月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート