◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 一生懸命に取り組んだほうが、そこそこに取り組むよりも、楽しくて気持ちがいいということを脳が学習してくれればしめたもの

2012年05月09日(水曜日)

「楽しい」と感じている状態はフローなので、余裕が生まれる。
しかし、その「楽しい」は事や物に拘束された認知によるものではなく、一生懸命やることによって、自分自身で心に生みだすことのできるものだと体感することが重要である。

一生懸命に取り組んだほうが、そこそこに取り組むよりも、楽しくて気持ちがいいということを脳が学習してくれればしめたものである。

「心に余裕がある人」になる自分の磨き方
(辻 秀一 著/ワニブックス) より

中途半端に手抜きをするのは仕事でも遊びでも面白くありませんよね。
一生懸命やったほうが気持ちがいい!

「一生懸命が楽しいから、一生懸命にやる」が習慣になれば人生ってどんどん上向いていく。そう思いませんか?


さて、本書のなかで「楽しい」の面白い分類方法があったのでご紹介します。

ここで皆さんの「楽しい」をリストアップしてほしい。
10個でも20個でかまわない。多ければ多いほうが望ましい。

「仕事で新しい企画が通ったとき」「マラソンで目標タイムを上回ったとき」「好きな本を読んでいるとき」「カラオケをしているとき」など、人それぞれいろいろなことが浮かんでくると思う。

同書より

皆さんもちょっと考えてみてください。

「楽しい」ことをいくつかイメージできましたか?

それらの「楽しい」ことを3つに分類していきます。

  1.結果に依存している「楽しい」こと
  2.他人が絡む「楽しい」こと
  3.自分だけでつくりだせる「楽しい」こと

1.結果に依存しているというのは、例えば「仕事で新しい企画が通った」とか「マラソンで目標タイムを上回った」というようなこと。
そういう結果になれば楽しいとか嬉しいということになりますが、自分ではコントロールしきれない部分があります。

2.他人が絡むことは、例えば「友達とお茶しながらおしゃべりする」とか「恋人とデートする」など。
他人に依存することになり、これも自分ではコントロールしきれません。

3.自分だけでつくりだせることは、「好きな本を読む」「料理をつくる」など結果にも他人にも依存しない楽しみです。

1や2の割合が高い場合は要注意です。
自分でコントロールできないので不安定な状態が多くなります。

安定感がある人というのは、自分だけでつくりだせる「楽しい」の割合が高い人です。結果や他人に振り回されることがないので。

皆さんはいかがでしたか?
もし気分のムラが大きいとしたら、自分でコントロールしきれないことへの依存度が高いのかも。自分だけでつくりだせる「楽しい」ことをたくさんリストアップしてみるといいかもしれませんね。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
今日は火曜日だと勘違いしてました。すっかり休みボケみたい。
空手の稽古の日だったのに・・・。うぐぐ。二週連続でお休みすることになってしまいました。せっかく覚えたことをどんどん忘れてしまいそうだなぁ~。(>_<);;

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2012年05月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート