◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 楽天的な人は、バラを見て、棘は見ない 悲観的な人は、棘ばかりじっと見つめているうちに美しいバラの存在を忘れてしまう

2012年06月13日(水曜日)
楽天的な人は、バラを見て、棘は見ない
悲観的な人は、棘ばかりじっと見つめているうちに美しいバラの存在を忘れてしまう。
The optimist sees the rose and not its thorns;
the pessimist stares at the thorns, oblivious to the rose.

カリール・ジブラーン (米国の詩人)
ビジネスに効く英語の名言名句集』 (森山 進 著/研究社) より

oblivious は「忘れっぽい、気づかない」という形容詞。

英語の名言は、名言と英語の両方を勉強できて一石二鳥です。
自分だったらどう訳すかを考えるとさらに勉強になります。

著者の森山進さんも「満足いく翻訳とは、本来、プライベートなものである。自分のコトバで、自分のために名言を堪能する作業に他ならない」と、読者に自分のコトバで翻訳することを勧めています。

私にとってピッタリくる翻訳を試みてみると、

楽天的な人はバラを見て、棘は見ない。
悲観的な人は棘をじっと見つめているうちに、バラの存在を忘れてしまう。

こうなりました。微妙な違いですが、句読点や細かな表現を少し変えるだけで自分にピッタリの名言になりました。

もう1つご紹介しておきますね。
皆さんならどう翻訳しますか?

自分の中に
見たいという気持ちさえあれば
どこにいても
どんな状態であっても
いつも美しい花を見ることができる。
There are always flowers for those who want to see them.

アンリ・マティス (仏国の画家)
同書より

*関連するページ:
 ・楽観主義者は常に「引き潮」に備えている
 ・オプラ・ウィンフリー:将来のことを考えると、そのあまりの明るさに、目がくらみそうになる
 ・できる人の口ぐせ Select 3

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
5月14日に始めた30日間チャレンジの期間が終わりました。最初の10日間はまぁまぁいい調子だったのですが、その後がダメでした。チャレンジ失敗です。応援してくださった皆さん、ごめんなさい。m(_ _)m
10日目のレポートに書いたように、書こうと思っていた内容を大きく見直す必要が生じたのですが、これが上手くできませんでした。構成を変更しているうちに、当初わたしが伝えたいと思っていたメッセージからどんどんかけ離れていきました。売れる本にするために妥協は必要だとわかっているつもりですが、一番伝えたいことがずれてしまうのでは本を出す意味がなくなってしまうし・・・。と、未だに悩み中です。難しく考えすぎているのかもしれませんけど。
30日間チャレンジは仕切りなおしてまた挑戦してみたいと思っています。

★ 自分磨きテーマ: 人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2012年06月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート