◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言/メモ術] 走り書きは記録として失格:今の自分と1週間後の自分は同じではない。記録は「1週間後の自分に対する手紙」という気持ちで書くべきだ

2012年07月15日(日曜日)

その日、その時、その場でしか書けないことだけを書く。
堀井さんの記録術の基本の第一である。

基本の第二は「決して走り書きしないこと」。
「メモを取る時、『後から読むのは自分だけだから』と走り書きする人が結構いる。しかし結局は、自分でも読めないことが多い。それでは記録として意味をなさない。

今の自分と1週間後の自分は同じではない。
記録は『1週間後の自分に対する手紙』という気持ちで書くべきだ」

堀井 憲一郎
実践ノート&書類術』 (日経BPムック) より

すぐに捨ててしまうようなテンポラリーのメモではなく、記録として残しておきたいことは、走り書きはNG。

当たり前のことのようですが、日記や手帳、ノートなどで記録をつけ始めた頃はこのことがわかっていませんでした。
だから当時の記録(8年ぐらい前のもの)を読み返しても、内容がよくわからないことが書いてあります。^_^;;

自分が書いたものを読み返すことを習慣にして、「こういう書き方だと後でわからなくなるんだな」ということを学んでいきました。
「文字を丁寧に書く」というだけではなく、「他の人が読んでもわかるように書く」ということを徐々に習得していったのです。

「読むのは自分だけだから」と自分さえわかればいいと思って書いていたつもりでも、一週間、一ヵ月、一年と時間が経つにつれ、当時の記憶は色あせていきます。

でも最近思うことは、自分で残した記録を読み返すことは、ビジネス書などを読むよりも随分と学ぶことが多いということです。

毎月過去の手帳を読み返しているので、一度書いたものを少なくとも10回以上は読み返しているのですが、読み返すたびに新たな発見や気づきがあります。

記録を自分にとっての財産として活かすためには、「他の人が読んでもわかるように書く」ということが大切ですね。

(自分が書いたものを読み返す習慣がないのは、せっかくのお宝を無駄にしているということですよね)

*関連するページ:
 ・「無駄」が活きてくるのがメモである
 ・<メモ魔御用達 お風呂用メモ帳>夢を実現した人はひらめいた事柄を必ずメモするという習慣を持っている
 ・[メモ術] 外出時のとっさのメモは「モレスキン ヴォラン XS+クリップ付きペンシル」が最強だと思う

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
またセブンイレブンのくじに当たりました。ハズレがほとんどないみたい。
もらったのはストロベリーのアイスバー。アイスバーを食べたのって、十数年ぶりぐらいかな~? (よく憶えてないけど、自分で買うことはないから)
最近はセブンイレブンでの買物が増えてきました。納豆、豆腐、卵、煮干しを買うのが定番です。バナナも売ってるんですよね。ミニスーパーみたいで便利。スーパーが少し遠いので助かっています。

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ: ノートメモ術手帳日記
★ アーカイブ: 2012年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート