◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 手抜きをすると、逆に疲れを強く感じてしまい、あとの仕事にも悪影響を及ぼしやすい|残業しても「疲れ」がたまらない人、たまる人

2012年07月22日(日曜日)

残業しても「疲れ」がたまらない人、たまる人

忙しいとき、疲れているとき、ふと頭をよぎるのが「手抜きの誘惑」ではないでしょうか。

ここで少し手を抜けば、その分だけ早く仕上がるし、ラクができる。ラクができれば、体力、知力を回復できるから、その後の仕事に万全でのぞめる。結果的に少し手抜きをしたほうがうまくいくのではないかと、身勝手な屁理屈が頭の中に浮かんできます。

けれども、そうはうまくいかないのが世の常。
手抜きをすると、逆に疲れを強く感じてしまい、あとの仕事にも悪影響を及ぼしやすいのです。

手抜きが人を疲れやすくするのは、そこに満足感が欠落しているからです。

「全身の疲れ」がスッキリ取れる本
(志賀 一雅 著/三笠書房) より

その日、その時に必要な言葉には不思議と出会えるものですね。

じつは今日のブログ更新は少し気が重くて、「手抜きの誘惑」に屈しそうになっていました。紹介する内容を決めるために『「全身の疲れ」がスッキリ取れる本』をパラパラと眺めていたときに目に飛び込んできたのが、「手抜きをすると、逆に疲れを強く感じてしまい・・・」の一文。

手抜きしたいと思ったちょうどその時に。
おかげで気持ちをリフレッシュすることができました。

「手抜き仕事をしてしまった」という後悔の気持ちが生まれると、さらに疲れを感じることになるそうです。
そうではなく、「忙しい中、よくやっているじゃないか」「なんだかんだ言いながら、頑張っている」と考えることができると脳は満足感を覚えます。

手抜きした自分を好きになることはできませんよね。
でも、手抜きせずによくがんばった自分に対しては「わたしって、けっこうエライ」など肯定的にとらえることができます。

自分で自分のことを好きでいられれば、「疲れ」を感じることもありませんね。(*^~^*)

*関連するページ:
 ・「やったこと」ではなく、「やっていないこと」が疲労をもたらす
 ・疲れやすい心を疲れにくくするには
 ・一生懸命に取り組んだほうが、そこそこに取り組むよりも、楽しくて気持ちがいいということを脳が学習してくれればしめたもの

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
今日はそれほど歩いていないはずなのに、なぜか歩数が9,500を超えています。
なんか変だなと思ったら、ベリーダンスのレッスンのときに歩数計をつけていたからでした。「シミー」という骨盤や肩を小刻みにふるわせる動作があるのでその振動をカウントしていたみたい。歩数としてカウントされるのはちょっとアレですが、ベリーダンスの動きがちゃんとできていたということでもあるので、よかったよかった。^_^;;

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2012年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート