◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 辻口博啓:一流というのは、文字通り「一本の流れ」。周りと群れている人間が淀みながら一本の流れになることはない

2012年12月29日(土曜日)

「夜、先輩に遊びに誘われても、行かなくなりました。
 僕は早く自分の店を持ちたかったから、お菓子作りの練習をしていた方が将来の自分の糧になると思ったんです。
 一流というのは、文字通り"一本の流れ"。周りと群れている人間が淀みながら一本の流れになることはないんですよ」

職場で"アイツがこれくらい働いているなら、オレもこれくらい"など、他人を物差しにして自分を計る人も多いだろう。しかし、「そういった人間が突出することはない」と辻口は語る。

辻口博啓
パティシエ・辻口博啓が語る下積み時代」 WEDGE Infinity より

他の人を基準にするのではなく、自分で自分の基準を作っていく。
そういう人が「自分の流れ」を作っていけるということでしょうか。

他の人を基準にすると「これぐらいでいいかな」という油断のようなものがでてきます。
「そこそこ」まではいけるかもしれませんが、その先はないというか。

流されて生きていくのではなく、自分で「自分の流れ」を作って生きていくってカッコイイですね。

*関連するページ:
 ・羽生善治:三流は人の話を聞かない。二流は人の話を聞く。一流は人の話を聞いて実行する。超一流は人の話を聞いて工夫する。
 ・一流の人は、バランスがいい。決してがんばりすぎない。手を抜かずに、肩の力を抜こう。
 ・澤 穂希:「なれるかどうか」という根拠を探す必要はありません。「なれたらどれだけ嬉しいか」とイメージすることが、「夢をかなえる」スタートなんです。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
昨日で仕事納め。今日からは原稿のラストスパートです!
と言いつつ集中力が続かず、休憩がてらブログを書いています。^_^ゝ
2012年をゆっくり振り返る気持ちの余裕が今はないけれど、ざっくりと一年を振り返ってみました。
2012年の目標を確認してみたら、いくつか NG だったこともあるけれど(ハーフマラソンを完走できなかったとか)、一番やりたかった「本を2冊出す」という目標はなんとかクリア出来たというか、クリアできそうな見通し。実際に本が出るのは来年の2月の予定だし、原稿は今書いている真っ最中なんだけど。
それに、目標とか予定には全く入っていなかったのに空手という新しい楽しみを見つけることができたのも今年の大きな収穫です。
さてさて2013年はどんな一年になるだろう? ワクワクしつつ、執筆に戻ります。

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2012年12月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート