◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] どんな時でも「私はそれを失った」と言うな。「お返ししたのだ」と言え

2013年01月06日(日曜日)

どんな時でも「私はそれを失った」と言うな。
「お返ししたのだ」と言え。

エピクテトス (古代ギリシアの哲学者)

もともと人は何も持たずに生まれてきたのだから、「所有物」というものはあるわけがなく、それは生きている間に借りているだけのこと。だから何かを「失った」と思っても、それは借りていたものを返したのにすぎないのだ、ということです。

簡単に受け入れられるわけではないのですが、こう考えることが出来れば心が軽くなりそうですね。

*関連するページ:
 ・ものは、自分のものにしたくなったとたんに、あらゆる面倒が、ふりかかってくるものさ by スナフキン
 ・「シンプルライフ」のまとめ
 ・この2つを:小食&小欲

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
先日、友達と「死ぬ前に処分しておきたいモノって、あるよね」という話になりました。
私の場合は手帳や日記など書いたものは死ぬ前に絶対処分しておきたいなー(笑)。ブログなんかは最初から人に読んでもらうために書いてあるからいいのですが、日記は自分のためだけに書いているし、ちょっと人には見せられないことも書いてあるので残したままにはできません。
その逆に、死後に遺せるモノとして今作っている本があります。ブログは断片的には残るとしても私の死後はドメイン期限がくれば消滅するはずです。でも本ならある程度は残るはず。というより、誇りを持って遺せるものを作りたいものです。

★ 自分磨きテーマ: 人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年01月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート