◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 誰もみな、他人がどのような人生を送るべきか、明確な考えを持っているのに、自分の人生については、何も考えをもっていない

2013年04月08日(月曜日)

同じ友人といつも一緒にいると、友人が自分の人生の一部となってしまう。すると、友人は彼を変えたいと思い始める。
そして、彼が自分たちの望み通りの人間にならないと、怒りだすのだ。

誰もみな、他人がどのような人生を送るべきか、明確な考えを持っているのに、自分の人生については、何も考えをもっていないようだった。

アルケミスト 夢を旅した少年
(パウロ・コエーリョ 著/角川書店) より

学生時代の友達というのは遠慮がありません。
社会人になってから知り合った友達というのは、ある程度「大人」になってからのつきあいなので、そうそう不躾な言い方はしません。

私自分もそうなのですが、身近な人に対しては「こうしたらいいのに」という確信めいた意見をもっています(自分のことは棚にあげて)。
そして、身近であれば身近であるほど、ずけずけと遠慮なくそういう意見を押し付けてしまいます。

学生時代の友達というのは、久しぶり(10年ぶりとか)であっても、お互いに未熟なときに知りあっているせいか、会ったとたんに意識が昔にもどってしまうのか、遠慮しないんですね。つい、言い過ぎることがあります。

友情をフレッシュに保つには、「親しき仲にも礼儀あり」なのですよね。

A hedge between keeps friendship green.
間に垣根があると友情は生き生きと保たれる

*関連するページ:
   ・君子の交わりは淡きこと水の如し
   ・お付き合いの賞味期限
   ・友情は修繕しつづけなければならない

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
写真集『ねこ鍋』トイレに小さな棚があるので、小さくて「ほっこりする」絵本や写真集を並べています。そこに置くためのいい本がないかなぁ~と、お散歩ついでにブックオフへ行ってみました。そこに置く本は新品じゃなくて、ちょっとくたびれた感じが漂う古本がいいんです。
で、見つけたのは『ねこ鍋』。なごみますね~。
「ほっこりコレクション」が一冊増えて満足の一日でした。

★ 自分磨きテーマ:
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年04月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート