◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言]デカルト: 良き書物を読むことは、 過去の最もすぐれた人々と会話をかわすようなものである

2013年06月17日(月曜日)

良き書物を読むことは、 過去の最もすぐれた人々と会話をかわすようなものである

デカルト

「読書会」に参加するようになって、良書との出会いが増えました。
私は自分ではけっこう本を読むほうだと思っている(毎年250冊前後)のですが、読書会に参加すると、いやいや私なんかよりはるかに読書家の方がいらっしゃいますね。

今朝も通称「エビカツ」(東京朝活読書会=恵比寿でオススメの本を紹介する朝活)に参加しました。
  ⇒ 東京朝活読書会の Facebook ページ

雨色の京都―雨などの降りてつれづれなる日 (SUIKO BOOKS)毎回テーマが設定されていて、今日は「梅雨の季節。雨で一日家にいる時に読みたい本」がテーマでした。
そうですよ、雨の日は一日こもって本を読みふけりたい。

皆さんだったらどんな本を他の人にオススメしますか〜?

ワクワクドキドキ、読み始めたら最後までやめられないサスペンスやミステリーもいいですね。
「ここぞ!」とばかりにビジネススキルに磨きをかけるための一冊というのもいいでしょう。
雨だから、雨についてもっと勉強してみるのも良さそう。『雨色の京都』という本にはさまざまな雨の言葉が紹介されているそうです。

書きだすことから始めよう私が今朝「エビカツ」で紹介したのは、自分とじっくり向き合うための一冊。
書きだすことから始めよう』でした。
「書く」ことで自分が本心からやりたいことをあぶり出します。
こういう本は読み流すことができません。電車の中で読むとか、スキマ時間には向いていないんです。
たっぷり時間の余裕があるときに、お気に入りの飲み物を用意して、ペンを片手に持ちつつ開く本。
一日家にこもるときにピッタリだと思います。

じっくりと腰を据えて、良書の著者と語り合うもよし、本をキッカケとして自分自身と語り合うもよし。

秋の夜長だけじゃなく、梅雨もまた、読書に最適といえますね。

*関連するページ:
 ・本の読み方 (読書ノートの書き方)
 ・綺麗な本は自分の役に立たなかった本
 ・読書して考えないのは食事をして消化しないのと同じ | 定期的に読み返す本のリスト

前向きな自分になれる『朝の名言インストール』&ネガティブな思いをリセットする『夜の名言インストール』の2冊もよろしくお願いします!

朝の名言インストール  今日のやる気をチャージする (hope books)   夜の名言インストール   一日の脳をリセットする (hope books)

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
散歩を毎日欠かさず続けて、今日で185日になりました。
仕事の忙しさ+本の執筆ですっかり運動不足になっていた昨年の12月に、「もし、今日そのことを始めたら、一年後の自分が喜ぶことはなんだろう?」と考えました。そして頭に浮かんだのが、毎日欠かさず散歩するという習慣づくりでした。歩くよりは走ったほうがもっといいのですが、走るときは考え事に没頭できません。ちょっと危険だから。でも歩くぐらいであれば、多少ぼーっとしていてもさほど危険はないのです(自転車にひかれないよう気をつける必要はありますが)。
ということで、仕事や執筆に疲れたときに近所を散歩するようになって半年。すっかり習慣として定着してきました。しかも、最近は1万歩以上歩くことをキープできています(2万歩を超えることも結構あります)。
今日はパソコンの前に座りっぱなしだったので、危うく1万歩未満になるところでしたが、ブログを書く前に散歩をして、ギリギリ1万歩を超えました。よかった〜。
せっかく続けていることを途切れさせるのって、もったいないですからね。ちょっと頑張りました。^_^;;

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年06月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート