◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 人は自分の名前を耳にした時、最も心地よく感じる | 叶 美香の「名前と顔を覚える工夫」

2013年07月20日(土曜日)

こういうお仕事をしていますと、仕事関係の方だけでも、初めてお会いする方が一日に数十人ということも少なくはありません。
以前、海外でのパーティーで伺ったお話なんですが、人は自分の名前を耳にした時、最も心地よく感じるのだそうです。
それを聞いて以来、お会いした方の名前をくれぐれも間違ってはいけないと、一層強く思うようになりました。

おっぱいにつまっているもの 気くばり目くばり思いやり
(叶 美香 著/講談社) より

おっぱいにつまっているもの 気くばり目くばり思いやり休日なのでちょっと軽めのネタを、と思ったのですが、本書を読んでいたら下手なビジネス書よりもよっぽど仕事力アップのネタが詰まっていました。

その中からひとつ、すごいなと思ったものをご紹介しますね。
打ち合わせなどで名刺をもらったらすぐ後で、遅くともその日のうちに、名刺の裏に次のことを書くそうです。

 1.シチュエーション(いつ、どこでお会いしたのか)
 2.自分が感じた印象(心静かな方、とても朗らかな方、など)
 3.似顔絵

こういう裏書をすることで、名前と顔を覚えるそうです。
「1.シチュエーション」までは多くのビジネスパーソンがやっていると思います(わたしもやっています)。
でも、2.や3.はどうでしょう? 特に「3.似顔絵」を描くというのが、名前と顔を一致させるのに役立ちそうですね。

さらに、裏書をした名刺は出版社、広告会社、テレビ関係など業種別に分類したファイルにABC順に丁寧にファイリングしているそうです。なんて几帳面なんでしょう!
そして、いつ必要になるかわからないからと、ファイルをバッグに入れてできるだけ持ち歩くようにしているそうですよ。


「人は自分の名前を耳にした時、最も心地よく感じる」って、『人を動かす』(デール・カーネギー著)を読んだことがあれば誰でも知っていることですね。もちろん私も知っていました。

でも私の場合は「名前と顔を覚えるのは苦手だから・・・」と言い訳して、工夫しようともしていませんでした。(>_<);;

でも叶美香さんは「なるほど!」と思ったことをすぐ実際の行動に変換し、しかもそれを一時的なもので終わらせずに習慣とされている。
やはり「デキる人」は違うなあと思います。

*関連するページ:
 ・ショットノート(SHOT NOTE)でラクラク名刺スキャン&ネタ帳のデジタル化
 ・素敵な大人習慣:葉書をおくる習慣&心がけ
 ・「私のことを、覚えていますか?」と聞いちゃいけない。自分の名前を省略して挨拶しちゃいけない。自分を覚えてもらおうと思ったら、覚えてもらってないことを前提に出会いのキッカケを掴もう。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 人間関係を良くしよう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート