◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[日刊コボジュン] ステノブックの比較 <ミードとマルマン>

2013年07月23日(火曜日)

時間って、面白いですね。
やりたいことをやっていると、あっという間に過ぎていきます。

7月28日に行う習慣デザインワークショップの内容を煮詰めていたら、瞬く間に時間が過ぎていきました。

今朝は朝食をすませた後で散歩へ。
早朝だと太極拳やストレッチなどをしている人が多い公園ですが、少し遅い時間(7時半ぐらい)だったせいか誰もいなくて、広々した芝生を独り占めできました♪

7月20日に注文したステノブックが届いたので、簡単に比較レビューしてみます。
[日刊コボジュン] 思考するためのノート「ステノブック」を求めて 10,000歩。

左がこれまで使っていたミード(mead)、右が今回注文したマルマン(maruman)です。

縦横のサイズは同じ(縦22.8cm、横15.2cm。A5よりも少し縦が長い)ですが、厚みが少し違います。

ミードは80枚、マルマンは60枚。枚数が多い分、ミードのほうが少し厚みがありますが、マルマンは裏表紙の厚さがミードの3倍ぐらいあるので全体の厚みはそれほど大差ありません。

裏表紙が厚いということは、机を使わずに立ったまま書くという用途で便利です。同時通訳者や秘書が使う前提だからこうなってるみたいですね。

ノートの中身は、ミード(左)が横線が赤、縦線が青なのに対して、マルマンはその逆。横線が青、縦線が赤です。

個人的にはミードのほうが好き。縦線が赤だと主張が強すぎてちょっと邪魔な感じがします。でも慣れれば気にならないでしょう。

紙質は圧倒的にマルマンの勝ち。スベスベで触っていても気持ちいい。
紙質にも関係しますが、罫線の印刷レベルもマルマンがいいですね。線がクッキリしていて気持ちいい。ミードのほうは「にじみ」があります。

作りとして一番の違いはリングの形状。
ミードは螺旋、マルマンはダブルリングです。

だから開いたときにミードは螺旋の方向に紙がずれますが、マルマンは真っ直ぐ。気持ちいいですね~。さすが Made in Japan です。
ミードのほうは Made in U.S.A らしい、おおらかな作りです。

ステノブックを使って、アイデアをどんどん具体化していきたいと思います♪

今日も幸せな一日でした。どうもありがとうございます!

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 日刊コボジュン
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート