◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] あきらめる人、妥協する人、あきらめない人:八方ふさがりの状況に追い込まれたとき、人の反応の仕方は三種類に分類される

2013年08月08日(木曜日)

あきらめる人、妥協する人、あきらめない人

八方ふさがりの絶望的な状況に追い込まれたとき、人の反応の仕方は三種類に分類される。

一つは、「何をやっても無駄だ。あきらめよう」という人。
「運が悪かったのだ」「よくあることだ」などと言い訳をすることで、その場を乗り切ろうとする。

二つ目は、「やるだけやってみるが、適当な時期に妥協すればいい」という人。
「自分はこのままで終わるはずはない」と、成功への期待を持って熱心に取り組む。しかし、その取り組みの報酬としてすぐに成果が現れないと、「まぁこの程度ならよしとしよう」と、ある時点で簡単に妥協する。

三つ目は、「負けるものか」と、状況を自分の力で変えるまであきらめない人。
目標を定めたら決して目をそらさず、もしその途中に障害物を見つけたら、どんなに時間がかかっても必ず排除し、前進することをやめない。

あなたは、今までどのタイプの生き方をしてきただろうか?
そして、これからはどのタイプの生き方を選ぶのだろうか?

「並の人生」では満足できない人の本
(ロベルタ・シェラー 著/三笠書房) より

「並の人生」では満足できない人の本「今までどのタイプの生き方をしてきたか?」と聞かれれば、最初の2つのどちらかになります。

今とこれから、どのタイプの生き方を選ぶかというと、3つ目のアレンジタイプになりそうです。
私は体育会系の人間ではないし、「根性」でなんとかするタイプでもないからです。^_^;;

「負けるものか」と歯を食いしばって頑張るよりも、「きっと、うまくいく」と信じてあきらめずに前進し続けたいと思っています。

計画どおりにいくものはひとつもないが、それでもかならずうまくいく
この瞬間を楽しく生きる:「絶対にうまくいく」そう思って過ごすと毎日が楽しくなる
樋口廣太郎:大きい声を出していつも元気にニコニコしていれば、大抵のことはうまくいく

こういう考え方が好きだから。

うまくいかない時や不調な時もあるけれど、そういつまでも続くわけありません。
そのうち運もむいてくるし、成果も(自分が期待している時期よりは遅れるとしても)きっと出る。
そう信じていれば、焦る気持ちも落ち着きます。

*関連するページ:
 ・難しい問題に直面したとき、どちらを選ぶ?
 ・自分の限界を口にするのは、たんなる悪い癖
 ・中途半端をなくす方法は2つのみ

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: コツコツ続ける仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年08月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート