◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] アメや氷をガリガリ噛んでしまうのは、脳からの警告サイン。ペンや指で机をコツコツ叩いたりするのも同じ。

2013年09月01日(日曜日)

アメ玉を最後までなめていられますか?
口に入れたらすぐに噛んでしまう。これも脳からの警告サインです。

気分が不安定になっていると、脳はからだに向けてリズムのある運動を命令し、セロトニンを増やそうとします。

アメや氷など、硬くて噛んだ感触が強く伝わるものが口に入った途端にガリガリと噛んでいるときは、脳が気分を安定させようとしているサインです。うろうろ歩き回ったり、ペンや指で机をコツコツ叩いたりすることも同じです。

あなたの人生を変える睡眠の法則 朝昼夕3つのことを心がければOK!
(菅原 洋平 著/自由国民社) より

朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則つい今しがた、部屋の中をうろうろ歩きまわりながらこの本を読んでいました。

そうしたら、「アメを最後までなめていられますか?」という文章が目に入ってドキッとしました。
仕事が忙しいとき、アメや昆布など硬いものを噛まずにいられないんです!

読み進めたら「うろうろ歩き回ったり・・・」と書いてあって、今まさに自分がその状態だとわかって、さらにドキッとしました。

じつは今日は仕事がたっぷりあって、しかも明日のメルマガ原稿も仕上げなくてはいけないし、かなりイライラしていました。

時間がないので散歩もショートコースで簡単にすませていたので、本を読む間にじっとしていられなくて、部屋の中をうろうろしていたわけです。

気づかないうちに噛んだり歩き回ったりしているときは、生活全体を通して、リズムのある運動がないがしろになっているということです。

脳は、対処しようとして私たちにアメを噛ませますが、慢性的に不安定な状態だと、そんな程度では気分がスッキリするには至りません。

同書より

まさに本書に書かれている通りです。
リズムのある運動をないがしろにしていました。
風邪をひいて体調を崩して以来、ジョギングもしていません。

運動ができないときは、せめて朝の5分、窓際で朝日を浴びるというだけでもセロトニンを増やす効果があるそうですよ。

基本的な生活習慣をいま一度、点検してみたほうがいいですね。

*関連するページ:
 ・何か新しいことをするでもなく、ただなんとなく毎日をやり過ごしている状態が「退屈だ」と感じなくなってしまったら・・・それは、脳の成長が「停滞気味」である証拠
 ・脳力をアップする小さなコツ:食事の前に「おいしそう」、食事中に「おいしい」、食後に「おいしかった」と3回ときめく
 ・「適度な課題」がやる気をかき立てる(脳内物質の働きを知ることで仕事は劇的に変わる)

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう脳と仲良く
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年09月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート