◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 「やり残していることリスト」を作ろう|「やろうと思えばやれたかもしれないのに、やらなかった」という悔いは、どれほど自分を苛むことでしょうか

2013年09月15日(日曜日)

人間というのは不思議なもので、歳月を重ねて生きていくうちに或る日、これまで生きてきた時間よりも、これから自分に残されている時間の方がひどく気になるときがやってくるものです。

そのとき──それは私にとって、ちょうど四十歳を過ぎたあたりだったのですが──私は「やろうと思えばやれたかもしれないのに、やらなかった」という恐ろしい後悔を味わうことだけは嫌だ、と切実に感じました。

そして、これまでの自分の人生の中で、"やりたなかったのにやり残していること"を一度ちゃんとリストアップしてみることにしたのです。

あきらめない人生―ゆめをかなえる四〇からの生きかた・考えかた
(池田理代子 著/海竜社) より

ある日、声楽家の池田理代子さんのことを知りました。

その時は「ベルばら(ベルサイユのばら)の人と同じ名前なんて、いいなぁ~」と思ったのですが、後日、声楽家の池田理代子さんは漫画家、つまりベルばらの池田理代子さんと同一人物だとわかりました。

漫画家として一流になった人が、どうして声楽家に???

頭の中はハテナが渦巻いたのですが、『あきらめない人生』を読んでその理由がわかりました。

池田さんの「やり残していることリスト」には、日本で最初の女性総理大臣になりたいとか、どこかの国の白馬にまたがった王子さまに迎えに来てもらいたいというようなものまで含まれていたそうです。(*^~^*)

おびただしい夢をリストアップした後、

  ・これから挑戦しようと思えば可能な夢
  ・もはや手遅れで実現不可能な夢

に分けていったそうです。
つぎに、「これから挑戦しようと思えば可能な夢」を急を要する順に並べます。

そうやって夢を整理した結果、47歳で音楽大学の学生になって声楽の勉強をスタートされました。

もしこれを諦めていたら、きっと死ぬ間際私は取り返しのつかない後悔に苛まれ、自分の人生を失敗だったと感じたまま苦しい思いで幕引きをしなければならなかったでしょう。

同書より

ここまで読んで、すぐにノートを開いて「やり残していることリスト」を書いてみました。書き終わってから全体を眺めてみると、「どうしてもやりたいこと」が含まれていませんでした。

「これをやらなかったら絶対後悔する」と思うことは既に計画を立てて実行に移しているので、「やり残している」リストには入らなかったんです。後悔の種がないことがわかって安心できました。

後悔の種が潜んでいない確認のためにも、「やり残していることリスト」を作ってみませんか?

*関連するページ:
 ・自分には無理と思えることがあるでしょう? たしかに、それは今のあなたがやるには難しいことかもしれない。でもね、未来のあなたには、なんてこともないのよ。
 ・悔いのない人生という実感を得るのは至難のことだが、なにに情熱を注いだか、それを継続させたかで悔いが消えるのは確かだ。
 ・うまくいっていないことをやめると、創造的で生産的なエネルギーがわいてきて後悔から解放される

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年09月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート