◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 自信を持ちたいと思ったら、自分が傲慢になることを受けとってみる。それが特効薬になるんです。

2013年09月19日(木曜日)

いつまでたっても自分に自信を持てない人もいます。
もう実績だってあるんだし、もっともっと自信を持ったっていいのになぁって人、まわりにいませんか?

その人はなぜ、自信を持てないか。
自信が崩れるのが怖い。失敗して自信を失うのが怖い、口ほどでもない、と人に思われるのが怖い。
自信が勝ち過ぎて、傲慢だと思われることすら怖れの対象になってしまっている。
自信の反対の究極が「傲慢」なんです。

だから、自分を自信を持ちたいと思ったら、自分が傲慢になることを受けとってみる。それが特効薬になるんです。

望んでいるものが手に入らない本当の理由
(心屋仁之助 著/ぱる出版) より

望んでいるものが手に入らない本当の理由「自分に自信があるか?」と聞かれれば、少し答えに困ります。

「10kmを1時間で走る自信があるか?」と聞かれれば、自信をもって「自信がない」と答えられます(笑)。1時間15分だったら頑張って走れるかなと思うけど、1時間は今の私にはムリです。

「人前で話をすることに自信があるか?」という質問には、半年前なら「無理だし、やりたいくない」と答えたでしょう。でも今は「上手にはできなくても、人前で話すことはできる」と答えることができます。たった半年でずいぶん変わりました。

こういう具体的なことについてであれば、自信があることと自信がないことは区別しやすいですよね。

でも、「自分に自信があるか?」というのは自分の存在や可能性に自信をもっているかという根源的な問いなので難しくなります。

いつでも自信にあふれているように見える人には、憧れることもあれば、傲慢に思えることもあります。

傲慢な人って、イヤですよね。
自分はそんな風には見られたくない。

人から嫌われたくないという気持ちが強いから、傲慢になるのはイヤ。控えめで目立たない存在でいようとするから、「自信なさそうな人」に見られてしまう。
(だから「オーラ無さすぎ」と言われてしまうんだなぁ~)

「いつでも自信にあふれている人」になりたければ、「傲慢なヤツ」と思われても平気だと開き直るのがいいそうです。

難しそうだけど、試してみようかな。

*関連するページ:
 ・「達成したこと」ではなく、「乗り越えたこと」を自信の土台として生きる。山の頂点に立ったことより、谷からはい上がったことのほうが、すごいこと。
 ・まわりの人と比べて自分が劣っていると惨めになったら、その人と自分の違いではなく共通点を探そう。共通点が見つかると自信がわいてくる
 ・時には自信にあふれ、時には劣等感のかたまりになる。こうした気持ちの揺れがプロ生活を支える

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年09月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート