◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 自分の道を自ら見つけようとする人のおかげで、この世界は歩を進めていく

2013年10月02日(水曜日)

あるSFの短編小説から。
その社会では、ほぼすべての人間が、技術者や、エンジニアや機械工など、生まれた時からどんな仕事をするか決められている。
ひと握りの人間がなんの才能もなく生まれる。すると彼らはおかしな人として収容所に送られてしまうのだ。

そのうちのひとりがそれに対して怒りを覚えていた。
収容所には図書館があったので、彼は科学や芸術について、独学でできるだけ学ぼうとした。
もうじゅうぶんに知識を蓄えたと思ったところで、収容所から逃亡した──が、あえなく捕まり、郊外にある研究所へ連れて行かれた。

「ようこそ」研究所の所長が出迎えた。
「われわれが崇拝してやまぬのは、自分の道を自ら見つけようとする人びとです。さあ、今からは何でも好きなことをしてもらってかまいません。あなたのような人たちのおかげで、この世界は歩を進めていくのですから」

マクトゥーブ 賢者の教え
(パウロ・コエーリョ 著/角川書店) より

マクトゥーブ   賢者の教え好きなところに住み、好きなことを仕事にすることができます。
生き方だって、犯罪や他人に迷惑をかけることを除けば自由です。

誰からも制限されるはずがないのに、実際には自分自身で生き方や仕事に制限をもうけている人がいます。何でも好きなことができるにも関わらず。

私もそんな生き方をしていました。「どうせ、わたしにはこれぐらいしか出来ないから」と諦めていたので。
でもそれは単なる思い込みだと気づいたから、自由に、好きなことを仕事にして、他にもやりたいことをやることが出来るようになりました。

「収容所」は自分の心の中にあったんですね。
そこに留まることもできるし、抜け出すこともできる。自分次第です。

*関連するページ:
 ・假屋崎 省吾:どんなにあがいても八方ふさがりの時期がある。それは、知性と教養を身に付けて、自分自身を磨く時期。
 ・私たちを最も怯えさせるのは私たちの闇ではなく、光である。私たちが最も恐れていることは、私たちが計り知れないほどに力に満ちた存在であるということである
 ・イチロー:今自分がやっていることが好きであるかどうか。それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進もうとする自分がいるはず

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年10月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート