◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 好きなことは才能のタネである。が、今好きなことでも、明日好きとは限らない。才能を伸ばすにはタイミングが重要だ

2013年10月11日(金曜日)

今好きなことでも、明日好きとは限らない

・好きなことは、才能のタネである
・才能は、ポジティブな感覚がともなうほど伸びやすい
・嫌いなことは伸びないが、不得意なことは伸びる可能性がある
・才能を伸ばすためにはタイミングが重要

今日好きなことを、十年後も好きだとは限りません。
今日嫌いなことが、十年後、好きになっていることもあります。
そういう感覚の変化が人にはつきものであるということを、まずは踏まえる必要があります。

「好き」というポジティブな感覚がある「いま」こそが、才能を伸ばすチャンスであるといえます。

デュボワ・メソッド 運命を変える才能の見つけ方
(フランソワ・デュボワ 著/マガジンハウス) より

運命を変える才能の見つけ方 デュボワ・メソッド「あなたにはどんな才能がありますか?」

この質問にスラスラと答えられたでしょうか?
日本人には難しい質問かもしれませんね。自分の才能を意識している人ってそんなに多くなさそう。

けど、フランスには「自分の才能を認めなければ、無能な他人が成功する」という諺があるそうです。
才能を自分で伸ばしていかなければ、たいしたことのない他人に出し抜かれるという意味です。

誰もが複数の「才能のタネ」をもっているはずです。それを見つけたければ、自分が好きなことをリストアップしてみれば簡単です。

わたしの場合だったら、読書や洋楽、インテリア、お花、新しいことを試すことなど。
あなたにも好きなことがいくつもありますよね。

でもそれはまだ「才能のタネ」にすぎません。
「才能のタネ」は勝手に大きく育つわけじゃありません。
その存在に気づき、「発芽」させて大きく育てていく必要があります。

植物の種が発芽するには、3つの必須条件があります。温度、湿度、酸素。
寒くて乾燥した真冬ではなく、暖かくて適切な湿度がある春に種を蒔かなくてはいけません。

「才能のタネ」を発芽させるには、「好き」と感じているタイミングがその時なんですね!

天分は、持って生まれるもの。
才能は、引き出すものよ。

ココ・シャネル

根本的な才能とは、自分に何かが出来ると信じることだ

ジョン・レノン

*関連するページ:
 ・才能がない人なんていない。足りないのは、才能ではなく意思。
 ・才能と強みは違う
 ・羽生善治:地道に着実に一歩一歩進み続けられるというのが、いちばんの才能なんじゃないかと思います

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 最初の一歩を踏み出そう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年10月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート