◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 残念な人の口ぐせ:「少々お待ちください」は気を遣っているようで無頓着

2013年10月29日(火曜日)

何か聞きたいことがあってコールセンターに電話することがある。受付から担当にまわしてもらうまでの間、いつも「少々お待ちください」と言われる。

これに違和感を覚えるのは私だけだろうか。「少々待つ」とは、「何分待てばいいのか」が気になるからだ。

たとえば、「お調べするのに1分程度かかります。あとでかけ直してよろしいですか」と言われたら、「1分だったら待つよ」と言うかもしれない。「5分後におかけ直しいたします」と言われるほうが、お互いのためだと思うし、絶対スマートだと思う。

残念な人の口ぐせ
(山崎 将志 著/ベストセラーズ) より

残念な人の口ぐせ普段、あまりよく考えることなく使っている「口ぐせ」について考え直してみるというのは大事なことですね。

「少々お待ちください」はよく使われる言葉です。
どのくらいの時間か、具体的にわからない時に「少々」と表現するんですよね。
1分かかるとか、5分かかるとか、見通しがあるのなら具体的に表現すればいいわけですが、それが出来ないから頻繁に「少々」を使う。
もしくは、どのくらいの時間がかかるか見通しを立てようとしないから、何も考えずに「少々」を使っているのかもしれません。

何気なく使っている表現に疑いの目をもつのは、仕事のやり方を見直すキッカケにもなりそうです。

ただ、私自身は「少々お待ちください」に違和感を覚えることはないし、イライラすることもありません。
最初からある程度待たされるだろうという見通しをもって、単純作業と平行しながらコールセンターなどを利用するから。待たされている間は作業を進めていればいいだけのこと。
相手や環境を変えようとするのではなく、自分自身の対応を変えることでイライラを無くすことができます。

「口ぐせ」という小さなことから、思考の習慣や行動の習慣を見直してみると面白いですね。

*関連するページ:
 ・ピンチに強くなる口ぐせ 「そう来たか」
 ・できる人の口ぐせ Select 3
 ・ポジティブワードの法則=ネガティブワードのあとに<毒消しワード>をプラスしよう

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 良い習慣をつくろう感情のコントロール
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年10月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート