◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] リンカーン:馬の行きたい方向に馬を走らせるには手間も労力も要らない

2013年10月31日(木曜日)

歩き始めたばかりの小さな子どもは、有名になりたいとは思っていませんし、お金にも興味を示しません。

子どもたちが関心を持つのは、親や身のまわりにいる大人から愛情を得ることや一緒に遊んでもらうこと(関係性)、歩いたり積み木を組み立てたりする方法を学ぶこと(有能感)、自分のしたいことをすること(自律性)です。

このくらいの年齢の子どもに何かをさせようとするのはとても難しいものです。自律性の原則に従っている子どもは、何かを押しつけられることに強い抵抗を示すからです。

子どもたちは本当に必要なものを満たすための目標を追い求め、不要な目標に煩わされたりはしないのです。

やってのける 意志力を使わずに自分を動かす
(ハイディ・グラント・ハルバーソン 著/大和書房) より

やってのける 意志力を使わずに自分を動かす』のこの部分を読んでいて思い出したのは、リンカーンの言葉でした。

馬の行きたい方向に馬を走らせるには
手間も労力も要らない。

アブラハム・リンカーン

やってのける 意志力を使わずに自分を動かす自分で自分を律する「自律性」というのは意志力を発揮する必要があるのではなく、小さな子どもが自然に行うように、もともと持って生まれた能力なんですね。

「やらなくちゃ」という義務感から無理矢理やろうとするのではなく、「やりたい」と思うことであれば抵抗なく出来てしまうものです。

例えば、早起き。「早起きしなくちゃ」と思うと憂鬱な気分になりますが、「(気持ちがいいから)早起きしたい」とか「早起きして○○をしたい」と思えば、わくわくした気分で目覚めることができます。

「不要な目標」のために無理をするのではなく、本当に自分が望む目標のために自律性を発揮したいですね。

*関連するページ:
 ・「成功」は妬みを生むが、「成長」は喜びを生む
 ・目標を達成する人は、どうしてもそれを達成しなくてはならない感情的な理由を持っている
 ・目標は、「右斜め上」に貼り出そう|人生から得たいものを手に入れるために不可欠な第一歩

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年10月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート