◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 自分に120点をつけられないとしたら、いつしか「最高の自分」じゃなく、「最低限の自分」になっていく。

2013年11月26日(火曜日)

自分に120点をつけられないとしたら、いつしか「最高の自分」じゃなく、「最低限の自分」になっていく。

今の自分やこれまでの自分を低く見積もることで、君の価値もこの先の未来、それ以上にはなりようがない。

「勘違いの才能」を発揮させ、自分に+α の価値をつける120点を選ぶこと。
それこそが、その先にある君の人生の価値を上げることになる。

最高の自分を創る「勘違い」の才能
(久瑠 あさ美 著/青春出版社) より

最高の自分を創る 「勘違い」の才能自分自身について、100点満点で50点を平均としたとき、あなたは自分を何点だと思いますか?

  120点
  100点
   80点
   40点
   0点
   マイナス20点

「ぼちぼち」という感じで80点ぐらい?
もしかして、もっと低い点数をつけましたか?

この自己診断は『久瑠式 心の在り方グラフ』に関するものです(本書の131ページに詳細が載っていますよ)。
それぞれの点数について、簡単に解説をご紹介しますね。

120点:「根拠なき自信」が発揮され、無限のエネルギーが発揮される
100点:潜在意識のなかで次も「できる」かという不安がつきまとう
80点:マイナス20点という意識がつねに足を引っ張る
40点:足りていないマイナス60点という意識がつねに働く
0点:次も「できない」が前提となり、無意識に0点を取り続けようとする
マイナス20点:できないことへの不安によって、未来に暗雲が立ち込めている

「できる」自分でいたいという優等生タイプの場合は限界どおりに生きようとする。
「できるか/できないか」にこだわってしまうから、失敗して「できない」自分になりたくないという気持ちが強くなります。

「できていない」という劣等生タイプの場合は「できない」ことが前提。
本当はできるのに、「できない自分」を人生で演じてしまいます。

優等生タイプでも劣等生タイプでもない、勘違いタイプの場合は「できるか/できないか」という不安やこれまでの実績などに左右されることがない。
「根拠はないけど出来そうな気がする」というエネルギーで動くことができる。

「最低限の自分」になるか、「最高の自分」をめざすか。どっちにします?

*関連するページ:
 ・吉田沙保里:「今あるがまま」 一生懸命を楽しむ
 ・追い詰められた時は、今までに自分がやってきた自信が持てることを思い出して、これだけやってきたんだから何とかなる、と思い込むんです
 ・かっこよく見られたいと思ううちは、かっこ悪い。かっこ悪くてもいいと思う人が、かっこいい。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 素敵な大人になろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年11月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート