◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 「アガっている」ではなく 「アゲている」と考える

2013年12月01日(日曜日)

「アガっている」ではなく 「アゲている」と考える

かーっとなって『ああ、アガっている、やばいな』と思うと余計にアガるけれど、私は単純なので気の持ちようで変わるほうなんです。
緊張してしまっても『あ、上がってきた、よしいい感じ』と、こじつけでも思ったらいいんです。

本番力』 (和田裕美 著/ポプラ社) より

前回『本番力』からご紹介したのは、今年の5月でした。
⇒ 5月19日 「人生は一冊の問題集である」その問題集は自分だけのもので、ほかの人に解いてもらうことはできません

4月に本が発売になったことが引き金となり、2つの大きな「殻を破る」ことができました。
ひとつめは、絶対にやりたくないと思っていた飛び込み営業を初体験したこと。
ふたつめは、人前で話をするようになったこと。これも、絶対に避けたいと思っていたことです。

5月19日の記事を読み返してみると、この時点ではまだ人前で話すことを決意できていませんね。でも勇気を出してやってみようという気持ちにはなっています。
この後、トークイベントやワークショップ、セミナーなど、人前で話すことを9回行いました。

やっぱり数をこなすうちに緊張感はとれてきます。
でも、緊張しないのは問題だということも体験しました。

9回のうち1回は、緊張感なく行ったせいで自分としては「失敗だった」と感じています。少し慣れたせいで変な余裕が生まれ、油断してしまいました。
「緊張しないと、失敗する」というのが、この経験から学んだことです。

その後は緊張感が足りないと感じたときは、わざと「アゲる」ようにしています。
緊張するのは悪いことではなく、良いことだと180度考え方が変わりました。

本を読んだ時点では「知識」にすぎなかったけど、自分で体験したことで「知恵」としてインストールすることが出来ましたよ。

*関連するページ:
 ・松岡修造 : 緊張するのは、自分自身が本気になっている証拠
 ・菅野美穂:プレッシャーを感じているときにさえ、楽しいと思える心を持つ人間になりたい。
 ・デール・カーネギー:面白くてたまらないといった態度でとりかかれば、いつの間にか本当に熱中している自分に気がつくものだ

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢感情のコントロール
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年12月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート