◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 恥ずかしがり屋だからこそ、人見知りだからこそ、できる「おもてなし」

2013年12月06日(金曜日)

日本一のメートル・ドテルを目指して、サービスの世界に飛び込んだのですが、実は私は恥ずかしがり屋で、人と話すのがとても苦手なタイプだったのです。

そこで出した結論が、こちらから行動を起こす前には、お客様を今まで以上に見て、さらに考えることだったのです。

恥ずかしがり屋だからこそ、前に出る必要はない。
人見知りだからこそ、お客様をよく理解して、そのお客様の持っている性格や行動パターンに合った対応をすれば間違いがないと思ったのです。

世界一のメートル・ドテルだけが知っている、
好感を持たれる60のコツ

(宮崎 辰 著/マガジンハウス) より

「メートル・ドテル」という仕事があることを初めて知りました。
簡単にいうと、レストランでのサービス(接客)の最高責任者です。フランスでは地位もシェフと同じぐらい尊敬される仕事だそうですよ。
サービスといっても、ただ料理を運ぶだけじゃありません。メートル・ドテルは「人間心理を洞察する能力に優れており、お客様に喜びをもたらす存在」です。

著者の宮崎辰さんはメートル・ドテルの世界コンクールで優勝した方。
それなのに「恥ずかしがり屋で、人と話すのがとても苦手なタイプだった」というのは意外でした。

私も恥ずかしがり屋で、人と話すのが苦手です。特に初対面の人と話すのが大の苦手。
私が学んだことも宮崎さんのやり方に近いかもしれません。

自分が前に出るよりも、目の前にいる人を引き立てるにはどうすればいいかを考えることでした。初対面の人に対して、自分のことを話すよりも、相手の興味をさぐる。どんなことが好きなんだろう、どんなことに関心があるのだろう。それにあわせて少しずつ自分のことも話せばいいんですね。
話すのは苦手だけど、聴くのは得意です。それを活かせばいいとわかりました。

人見知りには人見知りなりの戦略があるんですね!

世界一のメートル・ドテルだけが知っている、好感を持たれる60のコツ

*関連するページ:
 ・目の前にいる人に関心を持つということは
 ・ほめられたら、「ありがとう」だけ言えばいいのよ from スヌーピー
 ・出会いの幅を広げ、できるだけ多くの人を見ることが重要です。自分が気づいていない自分に気づかせてくれるのは、つねに他人だからです

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 人間関係を良くしよう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年12月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート