◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 本田宗一郎:色に、男の色と女の色の区別があるのはおかしい。人間は自分の個性でいくべきで、色とか、格好とかに左右されるべきではない。

2013年12月11日(水曜日)

色に、男の色と女の色の区別があるのはおかしい。
人間は自分の個性でいくべきで、色とか、格好とかに左右されるべきではない。

本田 宗一郎

自分の秘密 才能を自分で見つける方法自分の秘密 才能を自分で見つける方法』 (北端 康良 著/経済界)のなかで、本田宗一郎さんの少年時代のエピソードが紹介されていました。

本田さんの実家は貧乏だったため、着物もあまり買ってもらえなかったそうです。
学校で式があったとき、お母さんが新しい青色の帯を締めてくれたそうです。そうしたら「お前の帯は、女の帯だ」とさんざんいじめられて、泣いて家に帰りました。その帯はお母さんのもの、つまり女物だったからです。
お金や身なりで判断され、貧しいものは社会から拒絶される。そのことが悔しかったのです。

自分の個性が認めてもらえないのは辛いものです。
でもなにが一番辛いかというと、自分で自分の個性を認められないこと。
「わたしはわたし」と自分を受け入れることが大切ですよね。

*関連するページ:
 ・わたしはわたし。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。
 ・土屋アンナ:自分が大嫌い。でも、しょうがない。自分は自分。最悪のまんま生きようと思って。
 ・おおぜいの人の中にいながら、「自分がどこか人とちがう」という感覚に苦しめられるようなことがあっても、無理やりに押し殺したりしないように

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: 素敵な大人になろう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2013年12月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート