◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] お客さまの真心の言葉ほど、人を優しくし、意欲や勇気を与えるものは他にない。お礼状、言葉は、私の大切な財産であり、宝物、そして自分の歴史の一部です。

2014年03月04日(火曜日)

私が、チーフ・コンシェルジュをしていたとき、必ず実行していたことがありました。

それは自分のチームのスタッフがお客さまから「お礼状」をもらったら、本人にすぐに知らせることはもちろんですが、必ずコピーをとって、コンシェルジュごとに、ファイルに保管をしておくということ。
そして、離職の際に、この「お礼状」を、一緒に働いた記念としてスクラップにして、プレゼントするということでした。

お客さまの真心の言葉ほど、人を優しくし、意欲や勇気を与えるものは他にないでしょう。
これまでいただいたお礼状、そして、言葉は、私の大切な財産であり、宝物、そして自分の歴史の一部です。

スイートルームに泊まる人のたった1つの習慣
(池田 里香子 著/あさ出版) より

スイートルームに泊まる人のたった1つの習慣一流ホテルでコンシェルジュをされていた池田さんにとって、お礼の言葉や「お礼状」はなによりの報酬だったそうです。

サービス業って、仕事の成果が形になりませんよね。
そういう仕事にとって、言葉ももちろんですが、手で触れることができる「お礼状」って本当に宝物だと思います。

ファーストクラスの乗客が筆まめであることは以前ご紹介しましたが、スイートルームの宿泊客も筆まめな人が多いようで、ちゃんとお礼を形にする習慣があるみたいですよ。
(スイートルームに泊まる人は、飛行機はファーストクラスですよね)
成功する3%になるメモの法則:ファーストクラスの乗客からは、一度も「ペンを貸して」とリクエストされたことがない

品格が上がる おとなの美文字練習帳 (日経ホームマガジン 日経WOMAN別冊)私はお礼は言葉やメールで伝えることがほとんどで、お礼状を出すのは稀です。
でもこれからは、お礼状を出すことを習慣にしていきたいなと思います。
(美文字練習を続けているので、手紙を書く抵抗感はかなり少なくなってきましたよ)

*関連するページ:
 ・信頼されることほど大きなチャレンジはなく、その期待に応えることほど大きな満足はない
 ・「認めてもらおう」ではなく、「喜んでもらおう」とがんばろう
 ・「これから10年間、1銭にならなくても続けられる仕事」それこそが、あなたを生かす仕事

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
身の回りのものに、ピンク色が増殖中。(*^〜^*)
今日から新しく使い始めたノートはキレイな桜色の表紙です。秘密のプロジェクト専用手帳の表紙はキラキラのピンクのラメ入り。ランニング専用手帳はピンクのバラの写真が表紙。そしてメインで使っている QuoVadis のノートはラズベリー色。
机の上がとっても春らしくなってきました♪

★ 自分磨きテーマ: 仕事にたいする姿勢
★ タグ:
★ アーカイブ: 2014年03月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート