◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] 常にポジティブに考えようとすることが、Positive Thinking ではない。ネガティブなことに遭遇したときに、ポジティブに「変換」できることこそが本当の Positive Thinking だ。

2014年04月19日(土曜日)

常にポジティブに考えようとすることが、Positive Thinking ではない。ネガティブなことに遭遇したときに、ポジティブに「変換」できることこそが本当の Positive Thinking だ。

行動格差の時代 心の勢いで壁を突破する8つの力
(遠藤 功 著/幻冬舎) より

行動格差の時代 心の勢いで壁を突破する8つの力ネガティブに思える状況で、そのまま反応してしまっては、行動が止まります。
いつまでも頭の中で「まったくもぉー!」とムカついていたり、イライラしてしまい、本来やるべきことに意識を向けることができません。

あらゆることにムッとしないことが、時間のロスを最も防げるのです。人間はムッとした瞬間にとまります。ムッとしないで、次の作戦を考えればいいのです。

ネガティブな状況には誰でも遭遇しますが、どう反応するかに違いがでるんですよね。

パッと考え方と気持ちを切り替えて、次の行動に移れるかどうか。
これが行動格差を生むひとつの要因です。

すぐに「次いってみよー!」と言えますか?

*関連するページ:
 ・アンソニー・ロビンズ:人生を変える言葉を選べ|あなたがよく使う言葉で、嫌な感じがする言葉を書き出そう。そして感情を高める言葉に変えてみよう。
 ・失敗者は、1人に嫌われて諦める。成功者は、1人に愛されて喜ぶ。
 ・なりたい方向に向かっていると、メンタル力が強くなる。アップダウンがなくなって、消耗しなくなるのです。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
どうも体調がいまひとつで、ネットでいろいろ調べていたら卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)っぽい気がしたので、すぐに婦人科に電話して診察してもらってきました(土曜日なのに、すぐにみてもらえてラッキー!)。
で、結果はなーんも問題なし。卵巣も卵管もキレイな状態でした。
姉が骨盤内の癌だとわかったのがちょうど今の私の年齢だったのでナーバスになっていたみたい。姉は我慢強くて、手遅れになるまで痛みを我慢していました。私は痛みにとても弱くて我慢できません。「もしかしたら・・・」と心配するのは精神衛生上もよくありませんからね、すぐに検査してもらってよかったと思います。
体調不良の原因はわからないままですが、ひとまず安心しました。

★ 自分磨きテーマ: 健康で元気ハツラツと感情のコントロール
★ タグ:
★ アーカイブ: 2014年04月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート