◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] ロバート・ブラウニング:春の朝(あした) 「すべて世は事も無し」

2014年04月23日(水曜日)

春の朝(あした)

ロバート・ブラウニング 上田敏訳

時は春、
日は朝(あした)、
朝(あした)は七時、
片岡(かたをか)に露みちて、
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛(かたつむり)枝に這(は)ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。

今日は久しぶりに名詩をご紹介します。
最後の「すべて世は事も無し」が有名ですね。
『赤毛のアン』のラストでアンがつぶやく言葉として引用されているためかもしれません。

この詩の意味ですが、よくわからなかったので調べてみました。
下記の内容がわかりやすかったので引用させていただきます。

ようやく冬が終わり春になり、新たな生命が随所で感じられるようになってきた。

春の朝、それも皆が目覚めて活動をはじめる七時ころ、周囲の自然を見ると、そこには静かに広がる丘にある野草たちには露が真珠のように日の光を受けて輝く。

ふとみれば、雲雀はそのつばさをもって舞い上がりつつ歌っている。

さらに近くのとげのある木にはそうしたとげも何の気にも留めないかのようにカタツムリが静かに這っている。(略)

命なきもののように見える大気や、露、丘の広がりにも背後の御手の働きがあり、小さな虫にも秘められた神のわざがある。
日常的に見られる光景のなかに、輝くものがあり、メッセージが聞こえてくる。それは、そうした一切の背後に神がおられるから、神の御手によってそれらがなされているからなのである。

その神に信頼するならば、すべて良し! と言える。

徳島聖書キリスト集会のウェブサイトより

今日のような長閑な(のどかな)春の日にピッタリの詩です。
毎日が「すべて世は事も無し」でありますように。


上田 敏(うえだ びん)さんの訳詞は本当に素晴らしいですね(最も有名なのは「山のあなた」でしょう)。
たまには名詩を味わう心の余裕を持ちたいものです。

*関連するページ:
 ・山のあなたの空遠く 「幸」(さいはひ)住むと人のいふ (上田敏 訳)
 ・考えなければならない 誰のまねでもない せいいっぱい緑をかがやかせて うつくしく散る法を 名づけられた葉なのだから
 ・他人を利用したり 他人をいびつにしたりしない そのかわり自分もいびつにされない 一個の人間でありたい。 by 武者小路実篤

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
ランニングの調子がようやく回復してきました。
以前よりもペースは遅いけど、淡々と走り続けることができました。
来月の山中湖ハーフマラソンまであと一ヶ月。本番でちゃんと走れるように、練習がんばるぞー!

★ 自分磨きテーマ: 人生で大切なこと
★ タグ:
★ アーカイブ: 2014年04月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート