◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

ものすごく詳しいフルグラのレシピ:美味しくてヘルシーなフルーツグラノーラの作り方と注意したいこと

2014年05月08日(木曜日)

手作りフルグラ(フルーツグラノーラ)

フライパンでつくる 美腸 グラノーラ (角川SSCムック)フライパンでつくる 美腸 グラノーラ』(KADOKAWA)を参考に、フルーツグラノーラの手作りに初挑戦しました!

自分で作れば、甘さも油の種類も、素材もぜーんぶ自分好みにすることができます。甘さを控えめにして、健康のために良い油を使えばヘルシーですよ。

実際に作ってみると、本を読むだけではわからなかったことがあるので、作り方のポイントや注意点などをまとめておきますね。

フルーツグラノーラに必要な材料は7種類

フルーツグラノーラ作りに必要なものは7種類です。

1.オートミール(オーツ麦)→ これが主役なので必須
2.ナッツ・種子 → 任意だけど、入れると美味しい
3.ドライフルーツ → 任意だけど、フルグラには必須かな
4.オイル → 任意 ダイエット中の場合は省略可
5.シュガー → 任意 ダイエット中の場合は省略可
6.全粒粉 or 小麦粉 → 任意 サクサク感がアップするよ
7.フレーバー → 任意

今回は主な材料を富澤商店で買いました。
主役のオートミール(オーツ麦)は、オーガニック ジャンボオーツ 800グラム。歯ごたえも大きさも程よいと思います。

フルーツグラノーラの材料選びのポイントと注意点

ナッツ・種子やフルーツはたくさんの種類があります。
選び方のポイントと注意点をまとめますね。

私は市販のフルグラを食べるとき、かぼちゃの種を見つけるとすごく嬉しいんです。「やったー♪」って感じ。だから一番最初に選んだのが、かぼちゃの種でした。

自分の一番好きなものを最初に選んで、それにあわせて他の材料を選ぶといいですよ。
お店にはたくさんの種類の美味しそうなものが売られているので、ものすごーく迷います。ぜんぶ買いたくなってきます。あれもいい、これもいい、と収拾がつかなくなってきますから、まず一番好きなものを選びましょう。

私は味のバランスだけじゃなく、見た目も重視しているので、赤・黄・緑の3色を入れると決めていました。
かぼちゃの種は緑。だから残りは赤と黄色から選びました。

2番目に選んだのはクランベリー。この甘酸っぱさが大好き。色もキレイな赤なのでウキウキします。

3番目の黄色はちょっと悩みました。マンゴーにするか、オレンジにするか。
オレンジも好きなんだけど、クランベリーが甘酸っぱいので、味のバランスを考えるとマンゴーの甘さをプラスするほうがいいなと判断。キレイな黄色のマンゴーを選びました。

注意するポイントは、商品表示をよく見ること。
ナッツ・種子やドライフルーツに油や砂糖が使われているかどうかをチェックしましょう。

かぼちゃの種でも、油を使っているものもあれば、素煎りのものもあります。私は素煎りのほうを選びました。
ドライフルーツも油や砂糖、香料や着色料が使われているものがあるので確認したほうがいいと思います。

フルーツグラノーラの材料(約6食分)

手作りしたフルグラは一週間ぐらいで食べきるのがいいみたい(そのほうが美味しい)ので、約6食分の分量でご紹介します。
また、これぐらいの分量が家庭では作りやすいと思います。
週末に一週間分を作るといいかも。

・オートミール:3カップ=約250グラム
・オリーブオイル:約50ml
・きび糖:大さじ3ぐらい
・水:大さじ2ぐらい
・全粒粉:1/3カップ=約35グラム
・皮付きアーモンドスライス:約50グラム
・素煎かぼちゃの種:約40グラム
・ドライクランベリー:約75グラム
・ドライマンゴー:約40グラム

オリーブオイルの代わりにグレープシードオイル、キャノーラ油、べに花油、太白ごま油など、お好みの油を使うことができます。

甘みはメープルシロップやハチミツ、黒蜜など、これもお好みで。
きび糖やハチミツなど水分が少ないものの場合は、お水を少しプラスしてあげます。メープルシロップの場合はお水を使わなくて大丈夫。

ドライフルーツ自体に砂糖が使われている場合は甘さを控えめにするなど、仕上がりを想像しながら量を加減するといいみたいですよ。
ナッツ・種子、ドライフルーツの種類や分量は目安として、自分好みのものを使ってくださいね。

フルグラ作り(ステップ1) オートミールを空煎りする

中火から弱火の火加減で5分ぐらいオートミールを空煎りします。
空煎りが終わったら火を止め、オートミールをいったん取り出します。調理用バット(または大きめのお皿)に移しましょう。

約6食分のフルグラを作るには、ちょっと大きめのフライパン、それも出来れば深さがあるものがいいみたい。煎るときに材料がこぼれにくいほうが作りやすいので。

うちのフライパンは小さなくて浅いので、ル・クルーゼのお鍋(ココット・ロンドの20cm)を使いました。大きさが程よく、火のまわりもマイルドなのでフルグラ作りにル・クルーゼのお鍋は向いていると思います。

もし大きめのフライパンもお鍋もない場合は、分量を半分にして作るといいかも。

フルグラ作り(ステップ2) フルーツ以外の材料を混ぜ合わせて煎る

フライパン(鍋)に、オイルとシュガーを入れます。
上記の材料の場合はオリーブオイル、きび糖、お水の3つ。
オイルと水を一緒に入れて大丈夫なのかなぁと心配でしたが、オイルが冷えているから大丈夫なんですね。材料を入れたら弱火で1分ぐらい温めます。ふつふつしてきたらOKです。

ここでまた火を止めます。必ず、止めましょう。
そしてオートミールを戻し入れ、まんべんなく、よーーーく混ぜ合わせます。
ここでちゃんと全体にオイルとシュガーを行き渡らせておくのがポイントですよ。

つぎは全粒粉(小麦粉でも可)を入れます。
サクサク感をアップさせたい場合は入れたほうがいいですけど、省略しても OK。
これも入れたら全体をよく混ぜ合わせます。

ナッツ・種子を加えます。今回はアーモンドスライスとかぼちゃの種。
ここで、また火をつけます。火加減は弱火。焦がすと美味しくなくなるので、ぜったいに弱火ですよ!

15〜18分ぐらい、焦がさないようにかき混ぜながら煎ります。
のんびりと焦らずに! ここがフルグラ作りで一番重要なところです。

フルグラ作り(ステップ3) 煎り終わったら粗熱をとってからフルーツを加える

バット、もしくは大きめのお皿に取り出して冷まします。
うちにある一番大きいお皿では入りきらなかったので、私はバットを使いました。

冷めてから、ドライフルーツを加えて混ぜ合わせましょう。
華やかになりましたね〜♪

完全に冷めたら保存容器に移します。
せっかくフルグラを手作りしたんだから、ちょっとお洒落なキャニスターに入れてみました。
アンティーク風の容器に入れても可愛いだろうなと思います。

フルグラの楽しみは、食べ方のアレンジが豊富なこと

フルグラを手作りすれば味も香りも食感も、ぜーんぶ自分好みにできます。
これだけでもワクワクしますが、フルグラは食べ方のアレンジが豊富なんですね。

フレッシュフルーツやジャムをプラスしたり、ヨーグルトや豆乳、コーヒーやジュースをかけたり。プリンや杏仁豆腐を加えたり。甘さ控えめに作っておいて、食べるときにメープルシロップやハチミツ、チョコシロップを加えるのもいいですね。
まだ試していないけど、岩塩など好みのお塩を加えて、甘じょっぱくしても美味しいみたいですよ。

今後はデトックス用フルグラ、ダイエット用ノンオイルグラノーラやミューズリー(オイルもシュガーも加えないもの)、アンチエイジングや免疫力アップ用など、目的別のグラノータにも挑戦してみたいと思っています。


*朝ごはん日記まとめ
カフェ風ワンプレート朝ごはん写真まとめ 25(2014/04/14-04/22)

*最近の朝ごはん日記リンク



* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

★ 自分磨きテーマ: カフェ風ワンプレート朝ごはん日記
★ タグ:
★ アーカイブ: 2014年05月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート