◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

[名言] つき合いが面倒な友人は、「知人」と思えば楽になる

2014年06月09日(月曜日)

「友人」か「知人」かという区別は難しいものです。
一度どこかで会って挨拶をしただけでも「知人」と言う人もいますし、仕事相手のことを「友人」と言う人もいます。

知人には、ウェットさがありません。
自分にとって深く考えるべき対象ではないので、面倒なメンテナンスをする必要もありません。

もし友人関係を負担に感じたり、苦痛に思ったら、自分のなかでは「この人は知人なのだ」と思ってしまえばいいのです。

「そこそこほどほど」の生き方
(深澤 真紀 著/中経出版) より

「そこそこ ほどほど」の生き方 (中経の文庫)「知人」から「親友」まで、つきあいの深さは連続的なのでハッキリとした境界線をひくのは難しいものです。

こちらは「友人」と思っていても、相手は私のことを「知人」だと考えているケースだってあります(その逆もあるかも)。

子どもの頃は「わたしたち友達だよね?」「親友だよね?」と、お互いに確認しあったこともありますが、さすがに大人になってそんなことはしません。

だから「この人との関係はしんどいなぁ」と思ったら、「友人」から「知人」にレベルを下げてしまえばいいというのです。

確かに、そう考えれば精神的な負担が軽くなって気持ちがラクになりますね。

*関連するページ:
 ・日常生活の中に「さっぱりと」と「こまめ」のふたつが、いい具合に組み込まれていれば、いい人脈は保たれます。
 ・相手がイヤに思えてしかたのないときには「そのうちに、またいいところが見えてくるかもしれない」と思っていれば間違いない。
 ・誰かの無神経な言葉に不愉快な思いをしたとき、「うるさい人だな」と思えば、不愉快な言葉は「相手の問題」になり、いやな気持ちを引きずらなくて済む。

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
梅雨というのは、しとしと雨が降り続くというイメージなのに、ここ最近は土砂降りが多い。今なんて、東京は雷雨ですよ。と書いていたら、雨が小ぶりになりました。妙なお天気ですねぇ〜。
週末は打合せや「ブログ道場」があったので、今日は自主的に休日にしました。カフェでのんびりと本を読んだり、昼間に長風呂したり。ゆったりと過ごすことができました。(*^〜^*)

★ 自分磨きテーマ: 人間関係を良くしよう
★ タグ:
★ アーカイブ: 2014年06月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート