◆[名言コツコツ]ショートカットメニュー◆

* 自分磨き

* 文具

* 読書/勉強

* 健康

* About This Blog

ノート術の小冊子を無料プレゼント

[名言] 新渡戸稲造:「継続できる心」を作るには、「まず、やさしいが少々、嫌なことを期限付きで始めてみる」ことが、一番の近道

2014年07月18日(金曜日)

「何かをやろうとするとき、最初に志をたてること。すなわち発心(ほっしん)は、どんな人でもいくたびとなく経験することである。
『なにをしよう』『こんな人になろう』とかいうのはみんな発心である。しかし、この発心を達成するのが、なかなか容易ではない。最初は勢いにかられ、熱心に行うけれど、永続できない」

そうした永続できない状況を防ぎ、発心を成就させるための「継続の修養」として、新渡戸は冷水浴を20年間実行していました。
なぜ冷水浴だったのか。

それは「継続できる心」を作るには、「まず、やさしいが少々、嫌なことを期限付きで始めてみる」ことが、一番の近道だと考えていたからです。

なぜ、成功者たちは「フシギな習慣」を持っているのか?
(浜 栄一 著/宝島社) より

継続心の鍛錬をするなんて、私のような変わり者ぐらいかと思っていました。^_^;;

私も継続力をつけるための訓練をしてきました。
月替わりでやることを決めて、1ヶ月間、毎日欠かさず実行するということを続けました。
私がやったのは「毎日イラストを描く」とか「綺麗な字の練習をする」といった、簡単なことです。

やるのはほんの数分なので「時間がない」「忙しい」ということは問題になりませんでした。
ちょっとしたなので、体調が悪い日でもやることは可能です。

簡単なことでも、毎日やろうとすると「面倒だなぁ、今日はやめておこうかな」という怠け心が必ず出てきます。

この怠け心が一番問題です。
それをぐっとこらえてやる。
怠け心を何度が乗り越えているうちに継続力がついてきます。

それにしても、冷水浴を20年間も継続されたってスゴイですね。
私のブログ継続はまだ5年半。まだまだヒヨッコです。

*関連するページ:
 ・急に変わったように見えても、それは違う。ある日突然変わったんじゃなくて、一滴ずつ変化を貯めてるうちに、ある瞬間外に溢れ出して、人目につくようになっただけ
 ・なりたい自分になるためのキーワードは「継続」。どんな徳性も、継続するからその人の特性になる。
 ・才能の差は小さい 行動の差は大きい 継続の差はもっと大きい

* [名言コツコツ] を漏れなくチェックできます *

ブログの更新情報を一週間分まとめて無料メールマガジンで受け取ることができます。セミナーや手帳オフ会などのイベント情報もあわせてお知らせしています。
無料メルマガ <コボジュン通信>ご登録はこちらから どうぞ。
毎週月曜日の朝4時にお届けします!

Clip to Evernote

◇     ◇     ◇

【今日のコボジュン】
明日から三連休ですね。関東の梅雨明けはまだのようです(今日もどんよりしたお天気でしたね)が、これぐらいのお天気のほうが外遊びに向いているのかも。
楽しい連休をお過ごしくださいね〜☆

★ 自分磨きテーマ: コツコツ続ける
★ タグ:
★ アーカイブ: 2014年07月


* 自分磨きテーマ

* 過去の記事

* 名言Links

* About This Blog

Powered by Movable Type Copyright(c) 名言コツコツ meigen.ko2ko2.net
2009年1月11日 スタート